Pusha-TがDrakeの『Scorpion』がグラミー賞の最優秀ラップアルバム部門にノミネートされていないことに「驚きはない」と語る

Pusha-Tが終結宣言を行い、一旦は落ち着いたとみられていたものの、先日のPushaのライブでの騒動など実は根が深いと思われるDrakeとのビーフ。特にPusha-TはDrakeのことが本当に気に食わないようだ。

Billboardのインタビューに登場した彼は、Drakeの今年リリースしたアルバム『Scorpion』がグラミー賞の最優秀ラップアルバム部門にノミネートされなかったことに「驚きはない」と語った。

先日、61回目となるグラミー賞の候補作が発表となったが、Drakeは“God's Plan”での最優秀レコード賞や『Scorpion』での最優秀アルバム賞などで合計7部門にノミネートされているものの最優秀ラップアルバム部門にはノミネートされていなかった。上記の“God's Plan”をはじめ、“In My Feelings”など『Scorpion』から数多くの楽曲をチャートに送り込み、今年はDrakeの年といっても過言ではないほどだったにもかかわらず、『Scorpion』が最優秀ラップアルバム部門にノミネートされなかったのには多くの人が疑問を抱いたことだろう。

だがPushaはこの事について「俺は驚かなかったよ。俺は皆それぞれのカテゴリーにとどまる必要があると思うんだ。俺が思うに俺と彼(Drake)は同じカテゴリーにいるべきじゃない」と分析。さらにPushaは「俺の方がDrakeよりうまくラップ出来る」と述べたり、「『Scorpion』はポップアルバムだ」と語るなど強気な姿勢を貫いている。

実際、彼が今年リリースした『DAYTONA』は最優秀ラップアルバム部門にノミネートされているが、それに対しDrakeは上記のように7部門にノミネートされているわけで、今回のPushaの主張は少々強引に感じられなくもない。
いずれにせよ何がここまでPushaを突き動かしているのか気になるところではある。

RELATED

Drakeが名ミックステープ『So Far Gone』の再々リリースによってFutureとBillboardチャートで1位を獲った回数で並ぶ

Drakeのデビューミックステープ『So Far Gone』といえば、今もなお名作として語り継がれる作品の1つだが、Kanye Westのビートをサンプリングした“Say What's Real”が収録されていることもあり、権利の問題でこれまでストリーミングサービスでフルヴァージョンを聴くことは出来なかった。しかし、先日ついに『So Far Gone』のリリース10周年を記念して、各ストリーミングサービスでフルヴァージョンが配信された。そして、このリリースによってDrakeはBillboardのR&B/HipHopアルバムチャートで1位になった回数でFutureと並ぶこととなった。

Drakeが4400万円の特注iPhoneケースを作ったことが明らかに

先日のグラミー賞では“God’s Plan”で年間最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrake。名実ともにトップラッパーとなった彼は強大な財力を惜しげも無く披露することで知られているが、またしてもとんでもないお金の使い方をしたようだ。

Drakeがグラミー賞の授賞式で「賞を取らなくてもファンがいれば勝ち」と語りスピーチをカットされる

今年のグラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrakeが、授賞式で行ったスピーチが物議を醸している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。