Jay-ZがTravis Scottにスーパーボウルのハーフタイムショーに出ないでほしいと説得か

スーパーボウルといえばアメリカ最大級のスポーツイベントであり、そのハーフタイムショーには毎年ビッグなアーティストが出演することで有名だ。

そして、来年2月にアトランタで開催されるスーパーボウルのハーフタイムショーにはすでにMaroon 5が出演することが決定しているが、現在彼らはそのハーフタイムショーに迎えるゲストアーティスト探しに難航していると伝えられていた。

そんな中、今年ニューアルバム『Astroworld』をリリースしたTravis ScottがMaroon 5とともにハーフタイムショーに出演するのではとVarietyが伝えている。

アメリカにおける人種差別などの問題に抗議し、国歌斉唱の際の起立を拒否したNFL選手コリン・キャパニックへの支持表明のためRihannaが出演オファーを拒否したことから始まり、ラッパーを含め多くのアーティストが抗議の姿勢を表明したことで物議を醸していたスーパーボウルだがここに来てラッパーの、しかもTravis Scottが出演することが報じられたのだ。

もちろんこのニュースには多くのアーティストが反感を示しており、Jay-Zもその1人のようだ。Varietyによると、Jay-ZはTravisにハーフタイムショーへの出演を辞めるよう説得しようとしているそう。

また、Meek Millもこのニュースに対し、否定的な姿勢を取っているようで、自身のTwitterにてこのようにツイート。


Meekは「彼はもうすでに素晴らしいから出演する必要はない!強くあれ!」とTravisがハーフタイムショーに出る必要性はないと述べている。

ハーフタイムショーにはTravisの他にCardi B、アトランタのレジェンドOutKastのBig Boiが出演することが噂されているが、この騒動が落ち着くことは当分なさそうだ。Travisは本当にハーフタイムショーに出演するのだろうか。答えは来年の2月3日に明らかになる。

RELATED

Jay-Zのアルバム『The Blueprint』が今年の永久保存音楽作品の1つとして選ばれアメリカ議会図書館に所蔵される見込み

Jay-Zが2001年にリリースしたアルバム『The Blueprint』といえば、言わずと知れたクラシックとして、現在も多くのヒップホップヘッズに聞かれ続けている名盤の1つだ。そんな中、現地時間の今週水曜日、アメリカ議会図書館が文化的、歴史的に重要だとして毎年発表する25個の永久保存音楽作品の内の1つにその『The Blueprint』が選ばれた。

NasがTravis Scottとの対談で「長く続けることが偉大になる秘訣だ」とアドバイス

昨年リリースされたアルバム『Astroworld』でまさしく当代随一のアーティストとなったTravis Scott。そんな彼に、伝説的なラッパーであるNasがアドバイスを行なっている。

Travis Scottの“Sicko Mode”が初登場から32週間連続全米シングルチャートトップ10に残り続け新記録を樹立

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scottの『Astroworld』。中でもDrakeをフィーチャーした“Sicko Mode”はかなりの人気曲となり、昨年の12月に全米シングルチャートで1位を獲得。そんな“Sicko Mode”が、チャートトップ10に入ってから32週間が経過した現在もトップ10に残り続ける記録を打ち立てた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。