Jay-ZがTravis Scottにスーパーボウルのハーフタイムショーに出ないでほしいと説得か

スーパーボウルといえばアメリカ最大級のスポーツイベントであり、そのハーフタイムショーには毎年ビッグなアーティストが出演することで有名だ。

そして、来年2月にアトランタで開催されるスーパーボウルのハーフタイムショーにはすでにMaroon 5が出演することが決定しているが、現在彼らはそのハーフタイムショーに迎えるゲストアーティスト探しに難航していると伝えられていた。

そんな中、今年ニューアルバム『Astroworld』をリリースしたTravis ScottがMaroon 5とともにハーフタイムショーに出演するのではとVarietyが伝えている。

アメリカにおける人種差別などの問題に抗議し、国歌斉唱の際の起立を拒否したNFL選手コリン・キャパニックへの支持表明のためRihannaが出演オファーを拒否したことから始まり、ラッパーを含め多くのアーティストが抗議の姿勢を表明したことで物議を醸していたスーパーボウルだがここに来てラッパーの、しかもTravis Scottが出演することが報じられたのだ。

もちろんこのニュースには多くのアーティストが反感を示しており、Jay-Zもその1人のようだ。Varietyによると、Jay-ZはTravisにハーフタイムショーへの出演を辞めるよう説得しようとしているそう。

また、Meek Millもこのニュースに対し、否定的な姿勢を取っているようで、自身のTwitterにてこのようにツイート。


Meekは「彼はもうすでに素晴らしいから出演する必要はない!強くあれ!」とTravisがハーフタイムショーに出る必要性はないと述べている。

ハーフタイムショーにはTravisの他にCardi B、アトランタのレジェンドOutKastのBig Boiが出演することが噂されているが、この騒動が落ち着くことは当分なさそうだ。Travisは本当にハーフタイムショーに出演するのだろうか。答えは来年の2月3日に明らかになる。

RELATED

Travis Scottのハーフタイムショー出演をCommonが「出て欲しくなかった」と批判

人種差別への抗議活動を行ったNFL選手コリン・キャパニック選手への支持を表明したアーティストたちによってボイコットが行われた今年度のスーパーボウルハーフタイムショー。現在出演が決定しているのはMaroon 5とBig boi、そしてTravis Scottだが、Travis Scottの出演に対してCommonが持論を述べている。

James Blakeの最新作『Assume Form』がリリース│Travis ScottやMetro Boominらが参加

2016年に発表された3rdアルバム『The Colour in Anything』以来3年ぶりとなるJames Blakeの最新作『Assume Form』が今日リリースされた。

Travis Scottがスーパーボウルハーフタイムショーに出演する条件としてNFLにチャリティーへの参加を要求

何かと物議を醸している今年度のスーパーボウルハーフタイムショーに、Travis Scottの出演が決定している。Travis Scottの出演は昨年の12月頃にアナウンスされており、Jay-Zによって出演をキャンセルするよう説得が行われたことも話題となっていた。最終的にTravis Scottは出演に同意したようだが、その条件としてNFLに社会貢献への参加を呼びかけているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。