大滝詠一の初のライヴアルバム『NIAGARA CONCERT ’83』がリリース決定

大滝詠一の初のライヴアルバム『NIAGARA CONCERT ’83』が、来年3月にリリースされることになった。

本作は大滝詠一名義で出演した最後のライブ『ALL NIGHT NIPPON SUPER FES ’83 / ASAHI BEER LIVE JAM』の模様を音源化したもの。このイベントは、1983年7月24日(日)に西武球場で行われ、大滝詠一・サザンオールスターズ・ラッツ&スターの3組が夢の競演をした野外ライブで、大滝が演奏した全16曲を完全収録している。

初回限定盤(3枚組)はこれに加えて、1970年~80年初頭にかけての数あるライブ音源の中から、オリジナルではなくオールディーズのカバー曲ばかりを集めた「EACH Sings Oldies From NIAGARA CONCERT」17曲も収録。中には、最初期の録音と思われる高校生時代、故郷岩手における予餞会での歌唱も初披露となる。

さらには、これまたナイアガラ初の映像作品となる1977年の「THE FIRST NIAGARA TOUR」のライブシーン、
インタビューを収めた映像作品(DVD)も収録、こちらは監督は佐野元春、YMO等の監督・撮影で知られる井出情児だ。

また、ラジオ日本開局60周年記念として、2018年12月23日(日)から2019年3月31日(日)までの25時~26時10分(予定)に大瀧詠一『ゴー・ゴー・ナイアガラ』ベストセレクション」が放送される。この放送プログラムに関連して小林旭やクレージーキャッツなどの大瀧監修&プロデュース作品も再発予定だ。

Info

 

●「NIAGARA CONCERT ’83」(2CD+DVD 3枚組) 初回生産限定盤
発売日:2019年3月21日(木)
仕様:CD2枚 DVD1枚 三方背入りトールケース
価格:6,000円(税抜) 6,480円(税込)
品番:SRCL-11100~11102
初回生産限定盤予約特典:ナイアガラオリジナルクリアファイル(B5)
予約URL:https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=SRCL000011100&cid=os-SRCL11100

●「NIAGARA CONCERT ’83」(1CD) 通常盤
発売日:2019年3月21日(木)
価格:2,500円(税抜) 2,700円(税込)
品番:SRCL-11103
予約URL:https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=SRCL000011103&cid=os-SRCL11103

収録内容:
【NIAGARA CONCERT ’83】(CD1)
M-1  夢で逢えたら(Niagara Fall of Sound Orchestral)
M-2  Summer Breeze(Niagara Fall of Sound Orchestral)
M-3  Water Color(Niagara Fall of Sound Orchestral)
M-4  青空のように(Niagara Fall of Sound Orchestral)
M-5  カナリア諸島にて(Niagara Fall of Sound Orchestral)
M-6  オリーブの午后
M-7  ♡じかけのオレンジ
M-8  白い港
M-9  雨のウエンズデイ
M-10 探偵物語
M-11 すこしだけやさしく
M-12 夏のリヴィエラ
M-13 恋するカレン
M-14 FUN×4
M-15 Cider ’83~君は天然色
M-16 夢で逢えたら、もう一度(Niagara Fall of Sound Orchestral)

【EACH Sings Oldies from NIAGARA CONCERT】(CD2) ※初回生産限定盤にのみ収録
M-1  Confidential(1981/12/03 HEAD PHONE CONCERT@渋谷公会堂)
M-2  Blue Velvet(1981/12/03 HEAD PHONE CONCERT@渋谷公会堂)
M-3  Secretly (1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)
M-4  I Love How You Love Me (1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)
M-5  Fools Rush In (1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)
M-6  Sheila~シャックリママさん~Love’s Made A Fool Of You(1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)
M-7  Mr Blue (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)
M-8  Dreamy Eyes (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)
M-9  Come Softly To Me (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)
M-10 Who Put The Bomp(with シャネルズ) (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)
M-11 His Latest Flame “マリーは恋人” (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)
M-12 I Call Your Name (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)
M-13 Runaway “悲しき街角” (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)
M-14 Train Of Love~サマーローション (1977/06/20 THE FIRST NIAGARA TOUR@渋谷公会堂)
M-15 Dream Lover~Travelin’ Man (1976/10/07 GO! GO! NIAGARA@渋谷公会堂)
M-16 Blue Suede Shoes (1976/03/29 NIAGARA TRIANGLE CONCERT@芝・ABC会館ホール)
M-17 Yesterday(1966/11/03@岩手 予餞会)

【THE FIRST NIAGARA TOUR】(DVD) ※初回生産限定盤にのみ収録
収録曲目、近日発表予定

特設サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/niagaraconcert83/

RELATED

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。