Lil Pumpによるアジア人差別発言を受けて中国のラッパーが続々とディス曲を発表

先日Lil PumpがTwitter上でプレビューした新曲“Butterfly Doors”にアジア人を差別するようなリリックと「Ching Chong」というアドリブが含まれていることが問題となっている。日系アメリカ人ラッパーのMiyachiがこの件に対してリアクションを行なったことも取り上げたが、中国からはラッパーたちによってLil Pumpのディス曲が続々と発表されている。

ラップグループCD Revは“Fuck Lil Pump”と題された英語のディス曲をリリース。

「お前と白人のレイシスト共は同じだ、お前だって痛みに苦しんで来たはずなのに/お前は歴史を知らない、移民の国に生きているのに/これを真剣に捉えられないなら、インディアンについて調べてみろ」という歌詞で、Lil Pumpにアメリカ人として必要な意識が欠如していることを痛烈に批判している。

他にもPG One、Lil Andy、AnsrJなどのラッパーがディス曲をアップロードしている。

問題となった“Butterfly Doors”のビートを即座にリミックスするスピード感と、Lil Pump以上のラップスキルを見せることで応戦しようとする姿勢を持っているディス曲が多いことから、いずれのラッパーも中国のラップシーン、ひいては文化への誇りを示そうとしていることが分かる。

いち早くディス曲を発表したCD RevのLi YijieはSouth China Morning Postの取材に対し「最初に感じたのは怒りだった。侮辱的な歌詞だけじゃなくて、彼が作った顔のジェスチャーも含めてだ。彼があの仕草を見せたということは、歌詞が差別的だと分かっているということだから。無責任だと思う」と怒りを表明している。アジア人を示す時に目を細めるジェスチャーは古くからアジア人を差別する常套手段として用いられており、Lil Pumpもそのことを理解していた可能性が高い。悪意の有無に関わらず、あまりに思慮が欠けている行為だ。

Lil Pumpの問題となった動画は未だに彼のアカウントから削除されずに残っている。

彼が自身に向けられた反発の声を認識していないとは考えにくいが、何らかのリアクションを彼が見せることはあるのだろうか?

RELATED

学生がアップした人種差別的な曲が問題となり教育委員会が調査に乗り出す

人種差別的な内容を含んだラップ楽曲が、アメリカのメリーランド州の中高生によって発見され問題となり、ついに教育委員会が調査に乗り出したとWBOCが伝えている。

Lil Pumpが新曲の歌詞でのアジア人差別を謝罪

新曲“Butterfly Doors”の一節にアジア人を差別するようなラインがあるとして、物議を醸していたLil Pump。これを受け、Miyachiがリアクションを行い、中国のラッパー達が続々とディス曲を発表したのは記憶に新しい。

Lil Pumpの新曲におけるアジア人差別にMiyachiがリアクション

昨日、Lil PumpがTwitterにてプレビューした新曲“Butterfly Doors”にアジア人を差別するかのような歌詞があるとして問題になっていることを取り上げたが、この問題を受け、日系アメリカ人ラッパーのMiyachiがリアクションをしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。