DrakeがKanye Westの批判に対して自宅のセキュリティーを強化

TMZによると、DrakeがKanye Westとのビーフが過熱してきた事を受けて南カリフォルニアの自宅のセキュリティーを強化したそうだ。

長きに渡って、お互いをディスする複雑な関係性が続いている事は有名だが、今回TwiiterでKanyeがDrakeへの不満を連投した事で、二人の関係は再び悪化したと思われる

2009年にリリースしたDrakeの曲"Say What’s Real"はKanyeの"Say You Will"をサンプリングしたものなので、Kanyeの許可なしではストリーミングサービスで聴く事は出来ない。その許可を得るためにDrakeがKanyeに対して送ったメッセージがKanyeによってTwitterに投稿された。

二人の自宅はロサンゼルスで近所であり、1キロも離れておらず、TMZによるとDrakeは、少なくとも二人のガードマンを配置し、車も避難させているそうだ。

今回の騒動を受けてセキュリティーを強化するDrakeは、実に堅実なDrakeらしいと言えるだろう。実際に事件が起こる事は避けて欲しいところだ。

RELATED

Kanye Westのエンジニアが「『Yandhi』は女性をエンパワメントするアルバム」と語る

昨年よりリリースが予告されているKanye Westの最新アルバム『Yandhi』。未だにアルバムの詳細は明らかになっていなかったが、Kanyeのエンジニアが同作について興味深いことを語っていたようだ。

Kanye WestとKid Cudiが『KIDS SEE GHOSTS』でのサンプリングが原因で訴えられる

昨年、Kanye WestとKid Cudiの二人によってリリースされたアルバム『KIDS SEE GHOSTS』。高い評価を受けた同作だが、その内の一曲でサンプリングされているフレーズが訴訟の原因となってしまったようだ。

Drakeが名ミックステープ『So Far Gone』の再々リリースによってFutureとBillboardチャートで1位を獲った回数で並ぶ

Drakeのデビューミックステープ『So Far Gone』といえば、今もなお名作として語り継がれる作品の1つだが、Kanye Westのビートをサンプリングした“Say What's Real”が収録されていることもあり、権利の問題でこれまでストリーミングサービスでフルヴァージョンを聴くことは出来なかった。しかし、先日ついに『So Far Gone』のリリース10周年を記念して、各ストリーミングサービスでフルヴァージョンが配信された。そして、このリリースによってDrakeはBillboardのR&B/HipHopアルバムチャートで1位になった回数でFutureと並ぶこととなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。