DrakeとMigosのツアーの収益が約89億円だったことが明らかに

8月から11月までの3ヶ月間開催されていたDrakeとMigosによる「Aubrey & Three Migos Tour」が、今年最も収益を上げたツアーのトップ10入りを果たしたことが明らかになった。

Pollstar社の調査によると、「Aubrey & Three Migos Tour」は43日間で約68万枚ものチケットを売り上げ、合計で7900万ドル(約89億円)の収益を得たという。ちなみにランキングの1位となっているのはTaylor Swiftのツアーで、216万枚ものチケットが売れたそうだ。

Drakeは2016年にも「Summer Sixteen Tour」でランキングのトップ10入りを果たしており、その際には54日間で500万ドル(約5億6000万円)の収益を得ている。今回のツアーの収益は前回と比較して15倍以上であり、Migosの人気の高さとDrakeが今年リリースしたアルバム『Scorpion』の影響力の大きさが分かる。

今回のツアーにはMeek MillやChris Brownというかつてビーフ関係にあったアーティストもゲストとして登場しており、その度に大きな話題を呼んでいた。この辺りにもDrakeのビジネスの手腕が表れているとも言える。

今年は『Scorpion』、そして「Aubrey & Three Migos Tour」で名実ともに唯一無二の存在となったDrake。来年も、彼の動きから目が離せない。

RELATED

Drakeが名ミックステープ『So Far Gone』の再々リリースによってFutureとBillboardチャートで1位を獲った回数で並ぶ

Drakeのデビューミックステープ『So Far Gone』といえば、今もなお名作として語り継がれる作品の1つだが、Kanye Westのビートをサンプリングした“Say What's Real”が収録されていることもあり、権利の問題でこれまでストリーミングサービスでフルヴァージョンを聴くことは出来なかった。しかし、先日ついに『So Far Gone』のリリース10周年を記念して、各ストリーミングサービスでフルヴァージョンが配信された。そして、このリリースによってDrakeはBillboardのR&B/HipHopアルバムチャートで1位になった回数でFutureと並ぶこととなった。

OffsetがDonald Glover制作のMigosパロディコント『Friendos』をあまり良く思っていないと明かす

先週金曜日にソロアルバム『FATHER OF 4』をリリースしたOffsetが、GQの企画「Undercover」に登場した。

Drakeが4400万円の特注iPhoneケースを作ったことが明らかに

先日のグラミー賞では“God’s Plan”で年間最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrake。名実ともにトップラッパーとなった彼は強大な財力を惜しげも無く披露することで知られているが、またしてもとんでもないお金の使い方をしたようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。