1 of 2018 Selected by Minchanbaby

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画ではアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらおうというもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画をきっかけにそれぞれの2018年を振り返ってみては?

今年は2枚のEP『ひとりのテロリズム』、『都会にまつわるエトセトラ』をリリースしたMinchanbabyのチョイスは?

Minchanbabyの2018年の1曲

Minchanbaby  -【歌ってみた】CHANGE the WORLD / BiS【カバー】

コメント

女性ラッパーとのユニット”ふたりのテロリズム”が関係解消となり、制作中だった曲に手直しを加え、『ひとりのテロリズム - EP』としてリリースしました。このBiS “CHANGE the WORLD”のカバーもユニットのお披露目曲として発表するつもりでした。

「絶対に誰かに届くって信じてなきゃ何にも始まらないんだ 君がits funny!!言ったって気にしないやってやるのさ!」歌詞の内容にとても共感出来て、BiSの曲の中でも特に思い入れが強い大好きな曲だったので、1人でもカバーする事にしました。

2018年の活動を通して世界はおろか、自分の日常生活も変えることは出来なかったけど、
とにかく自分らしく好きな事をマイペースでやり続ける事が大切だと思いました。

2019年の告知

まだ女性ラッパーとのユニット諦めてません
まだレコード会社・レーベルとのディール諦めてません
まだUNITでのワンマン諦めてません

Minchanbaby

2004年に某クルーを脱退し、ソロでの活動に戻る。
2007年に1stアルバム『after school makin' love』をリリース。
2008年終わりからネットでの楽曲発表を始め、これまでに多くのMIX TAPEや曲をリリース。
2012年4月11日に2ndアルバム『ミンちゃん』をリリース。
Minchanbabyに改名し、2017年9月6日に『たぶん絶対』をリリース。
2018年8月8日に『ひとりのテロリズム』、11月23日に『都会にまつわるエトセトラ』の2枚のEPをリリース。

RELATED

MinchanbabyのEP『都会にまつわるエトセトラ』から"どこに居ても"のミュージックビデオ

Minchanbabyが昨年11月にMitch MitchelsonとのコラボレーションでリリースしたEP『都会にまつわるエトセトラ』から、タイトル曲に続き"どこに居ても"のミュージックビデオが公開となった。

1 of 2018 Selected by ミツメ

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、年は変わってしまいましたがそれぞれの2018年を振り返ってみては?

1 of 2018 Selected by 思い出野郎Aチーム

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出す...

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。