1 of 2018 Selected by A-THUG

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画ではアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらおうというもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画をきっかけにそれぞれの2018年を振り返ってみては?

 

リーダー OF『SCARS』であり、11月に待望の新曲が並ぶEP『PLUG』をリリースしたA-THUGがチョイスした2018年のベストな体験は?

A-THUGの2018年ベスト

BlackEyePatch Presents JIRO KONAMI『SCARS』

コメント

BlackEyePatchはNY、LA、アメリカでもすごい人気があって、NYのSOHOにあるOPENING CEREMONYというスタイリストとかオシャレな人達が買い物する店でSOLD OUTとか、とにかく人気で、YGとかJUSTIN BIEBERとかDENZEL CURRYも着てるし、SWAE LEEからも衣装提供してほしいと向こうからオファーがあるほど。JIRO KONAMIにしてもNEW YORK TIMES、VOGUE MAGAZINE、POLO、SUPREMEのオフィシャルの広告写真を撮っているし、日本でも菅田将暉、坂本龍一などなど様々な一流著名人の写真を撮る一流のカメラマン。アートの世界でも本当に自分からもカッコイイと思える人達との仕事はSTREETのオレ達みたいな人間に光をあててもらってラッパー、ディーラー、オレらみたいなイリーガルもアートになるんだ!!と自信にもつながりました。
BIG SHOUT OUT BlackEyePatch, JIRO KONAMI

2019年に向けての告知

SCARS、DMFこれからEP、アルバム、ビデオをDROPします。CLOTHINGももっと作ります。
小説、映画もやりたいのでスポンサー探してます!!よろしくお願いします!!

A-THUG

リーダー OF『SCARS』。川崎日本で、HIP HOP を体現する” THE DOPEST” RAPPER。2006 年に SCARS 名義でリリー スされた「THE ALBUM」はシーンに衝撃を与え、日本のハスリングラップを確立したと言っても過言ではない。長い潜伏期間を経て、A-THUGソロ名義で1stアルバム「BRIGHT SON!!」をリリース。MIXアルバム「Yeahh Thug!!」もリリースしている。その後CITYシリーズ「HEAT CITY」「FREEZ CITY」の2作を発表。オリジナルでリアル、それでいてユーモアとウィットに富んだリリックと、USと同じくHIP HOPをアートフォームとして体現するその音と姿は常に話題を呼ぶ。「最高」と聴く者の心に訴えかける「DOPE」がそこにはある。シカゴとリンクアップした DJ KENNとの 「STREET IS TALKING」ではその DOPE VYBESが世界をも揺らす可能性を街角で感じさせてくれた。ハードでいて、暖かさも冷たさも持ち合わせたA-THUGというラッパーの全体像は未だに未知数だ。DOGGIESとの再会を通してDMFを結成。 「LIFE OF DMF」をリリース、新たなMOVEが始まった2017。2018は新たなアーティストを巻き込みながらそのMOVEを活発化。11月に待望の新曲たちの並ぶEP「PLUG」をリリース。

RELATED

1 of 2018 Selected by ミツメ

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、年は変わってしまいましたがそれぞれの2018年を振り返ってみては?

1 of 2018 Selected by 思い出野郎Aチーム

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出す...

1 of 2018 Selected by 嫁入りランド

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、年は変わってしまいましたが、まだまだ各々の2018年を振り返ってみては?

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。