Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。
皮切りとなったのはこのツイート。


このツイートはDrakeが2009年に発表したミックステープ『So Far Gone』に収録されている楽曲“Say What's Real”に関するものだ。“Say What's Real”はKanye Westが2008年にリリースしたアルバム『808s & Heartbreak』に収録されている楽曲“Say You Will”をサンプリングしたものなのだが、その許可の関係もあってか『So Far Gone』のフルバージョンのミックステープは未だに各ストリーミングサービスで聞くことは出来ない状況だった。それを受けたDrakeが“Say What's Real”の許可を得るために送ったのがこのツイートの画像のメッセージだとみられる。これに対し、Kanyeは「これはレスリングの試合よりもインチキなことを証明している」と痛烈な反応。


そして、結局Kanyeは許可を出さなかったようだ。
彼のDrakeへの不満はこれでは収まらない。続けて彼はこのようにツイートしている。


このツイートで彼は、DrakeとFrench Montanaの楽曲“No Stylist”におけるDrakeのYeezy Boost 350sをディスするラインに対して、Drakeに謝罪を求めている。
さらにKanyeは全米シングルチャート1位になったDrakeとTravis Scottの楽曲“Sicko Mode”にも言及。


Kanyeは“Sicko Mode”の特定のバースに言及しているわけではないものの、「Travisの曲の上でこそこそディスりやがって」とDrakeのやり方を卑劣だと非難している。

KanyeのツイートはPusha-Tが暴露したDrakeの隠し子騒動にまで及ぶ。


Kanyeは「お前の息子についてPushaに言ったのは俺じゃない」と釈明しているが、実際、Drakeの隠し子を暴露したのはNoah“40”Shebibと判明したので、彼は正しいことを言っているのだろう。このツイートの後、Kanyeの態度は一転し、Drakeに対する愛を語ったり、「あの時は精神が病んでいたんだ」と改めてDrakeに謝罪している。

ここまで、まるで情緒不安定なKanye Westだが次にはもうすでに怒りを見せている。


これはトロントで行われたPusha-Tのコンサート中に、Drakeのファンが彼に襲いかかった騒動について述べたものだと思われるが、「Pushaのライブで前から2列を全部買ったのは俺を怒らせたぜ兄弟」と怒りを露わに。この事件の真相は未だわからないもののKanyeの言っていることが本当ならばDrakeはかなり意地が悪いとみえる。

そして、KanyeがこのようなDrakeに関するツイートを連投したからか、最終的にDrake本人から電話がかかってきたようだ。


その後、Kanyeはこのようにツイート。


「任務完了」。

任務というのがどういうものなのか分からないが、Kanyeはこのツイート以降もツイートを連発しており、正直なところ全く完了していない。

どうやらDrakeはKanyeを脅すために電話をかけてきたらしい。これを受けてかは分からないが、さらに彼はこのようにつぶやいている。

「ノースとセイント(Kanyeの子供達)とシカゴの父は脅しには屈しない」と対抗する姿勢を見せた。

最新のツイートでは「俺は絶対にディス曲なんて作らない」とDrakeとは違うということをアピール。

まだまだKanyeのツイートの連投は続きそうだが、いずれにせよ、Kanyeの情緒が再び不安定になってきたのは間違いない。Drake側の反応が気になるところだ。

RELATED

TIDALがBeyonceとKanye Westのストリーミング再生回数を人為的に増加させた疑惑についてノルウェーの国家機関が調査を敢行

昨年より、Jay-Zによる音楽ストリーミングサービスTIDALがBeyonceの『Lemonade』とKanye Westの『The Life of Pablo』の再生回数を人為的に増加させた疑惑がノルウェーの新聞DagensNæringslivとノルウェー科学技術大学によって指摘されていた。現在、ノルウェーの経済犯罪捜査機関であるØkokrimが、TIDALによるストリーミングデータ操作疑惑についての調査を行なっていることが伝えられている。

Kanye WestがアーティストJames Turrellに10億円の寄付を行うと発表

光をテーマとしたインスタレーションで世界的に知られているアメリカのアーティストJames Turrellに、Kanye Westが多額の寄付を申し出たことが話題となっている。

Kanye WestがCoachellaの会場に巨大なドームの建設を要求しヘッドライナーを外される

先日発表されたアメリカ最大級の音楽フェスCoachellaのラインナップ。ヘッドライナーにはChildish Gambino、Tame Impala、Ariana Grandeの三人が発表されているが、当初ヘッドライナーにはKanye Westが予定されていた。今回、Coachallaの共同創設者であるPaul TollettがKanye Westの降板の理由を明かしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。