Young ThugがVirgil Ablohとのインタビューの中で「これまで15000曲をレコーディングした」と発言

Anderson .Paakが「65000曲のストックがある」と発言するなどラッパーたちが作った曲数を盛ることはあまり珍しくないが、今回はYoung ThugがInterview Magazineにて驚異的な数字を口にしている。

Virgil Ablohによって行われたインタビューの最中、「今までのキャリアの中で何曲をレコーディングした?」と質問されたYoung Thugは「たぶん15000曲かな」と回答。Ablohらは「えっ?」「ヤバいな」と驚いた様子を見せている。続けて「どうすればそこまで沢山の曲を作れるんですか?どんなコーヒーを飲めばそんなに眠らずにいられるんですか?」との質問を受けた彼は、「スタジオに居続けるんだ。服もスタジオにある。昨日もそこで寝たよ。正直、ツアーや移動は嫌いなんだ。スタジオの方がいい」と、常にスタジオで時間を過ごしているワーカホリックな面を明かした。

そんなYoung Thugは、「他人と異なる若者たちへのアドバイス」として「シンプルに、諦めずやり続けることだ。一部の人はただ“諦めるな”と言いたいだけだったりするけど、諦めずに続けることは本当に効果があるんだ。みんながチャンスを掴むことができる」とメッセージを送っている。

果たしてYoung Thugが本当に15000曲をレコーディングしたのかどうかは分からないが、いずれはその数に届くくらい熱心に曲を作り続けていることは本当なのだろう。

RELATED

Young Thugが問題となったGucciのブラックフェイスセーターを着ている動画を公開

Gucciから発売された、顔の下半分を覆うマスクのついた黒のセーターが黒人を差別する表現「ブラックフェイス」に酷似しているとして議論の対象になったことは記憶に新しい。Lil Pumpが「Gucciはもう買わないが“Gucci Gang”は歌い続ける」と宣言し、またT.I.とフロイド・メイウェザーのビーフが再燃するきっかけになるなどヒップホップシーンにも様々な騒動を巻き起こしたあのセーターを、Young Thugが着ていることが話題となっている。

予約注文でAmazonトップ10入りしたVirgil Ablohの講義録の翻訳本

ファッション・レーベルOff-Whiteを率い、ルイ・ヴィトンのメンズ・アーティスティック・ディレクターを務めるヴァージル・アブローが、ハーバード大学デザイン大学院で行った特別講義の記録本が来月出版される。

GunnaのマネージャーがCamila Cabelloを知らなかったため“Havana”に参加できなかったことが明らかに

元Fifth HarmonyのCamila Cabelloが昨年リリースしたシングル“Havana”はシングルチャート1位を獲得したことをはじめ、数々の賞を受賞するなど2017年を代表する楽曲の1つだ。この曲にはフィーチャリングでYoung Thugが参加しているが、当初はGunnaが参加する予定だったことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。