OffsetがCardi Bとの破局について「Cardiが恋しい」と発言

OffsetがCardi Bとの破局後にTwitter上で、「くそ恋しいよ、Cardi」と切ない胸の内を明かしている。

このツイートはニューヨークでのイベント『Jingle Ball』に出演したCardiが破局をほのめかした後、投稿されたものだ。ライブで彼女はMigosの曲“Motorsport”を披露したが、リリックを一部変え、「I get up set off, I turn Offset on/I told him the other day,yeah,we gon’ get a divorce(奮い立たせて、ドキドキさせたわ/こないだ言ったわ、私達別れましょうって)」と歌っていた。

原曲のラインは「I get up set off, I turn Offset on/I told him the other day, man we should sell that porn(奮い立たせて、ドキドキさせたわ/こないだ言ったわ、私達のポルノを売りましょうって)」であり、原曲でCardiがOffsetに対し、「私達のポルノを売りましょう」と話すラブラブなラインが、「私達別れましょう」に変わっている。

Offsetは女性ラッパーのCuban Dollを誘った事をリークされ、浮気の噂が出回っていたが、Cardiはその噂が出る前からOffsetと別れていた事をInstagramで報告している。

Cuban Dollは自分がOffsetからの誘いを何度も断り、噂とは無関係である事をCardiに話し、理解してもらったと話しているそうだ。またリークしたSummer Bunniという女性に関しても「彼女が注目されたかったからした事で、ただの売名行為よ」と発言しており、「もう彼女とは縁を切ったわ」とこの浮気騒動に巻き込まれた事にうんざりしているようだ。

RELATED

Cardi Bが自身のキャッチフレーズ「Okurrr!」を商標登録へ

Jay-Zならば「Hov!」、Lil Pumpならば「Eskeetit!」など今も昔も人気ラッパーは自身のトレードマークともいえるキャッチフレーズを持っていることが多い。また、そのキャッチフレーズはリスナーに自身を印象づける強力な武器にもなる。今では大人気フィメールラッパーとしての地位を確立したCardi Bも「Okurrr!」という特徴的なキャッチフレーズを持っているが、そんな彼女が「Okurrr!」を商標登録しようと動いているようだ。

Offsetがラジオインタビューで間違った質問をされ気まずい雰囲気に

アーティストのインタビューを行う人にとっては、間違った質問や余計な一言でアーティストの機嫌を損ねることは絶対に避けたいところだ。しかし今回、Offsetにインタビューしたラジオパーソナリティが初歩的なミスを犯したことで気まずいことになってしまったようだ。

Offsetが昨年起こした自動車事故について語る

ソロアルバム『FATHER OF 4』も好調なOffset。離婚騒動も一区切りつき安定した生活を送っている彼が、ラジオのインタビューで昨年起こした自動車事故について語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。