やけのはらなどが参加するユニットUNKNOWN MEが「20世紀の宇宙開発」に触発された新作をカセットテープでリリース

やけのはら、P-RUFF、H.TAKAHASHIの作曲担当3人と、映像担当の大澤悠大によって構成される4人組アンビエント・ユニットUNKNOWN MEが、アメリカの人気インディーレーベルNOT NOT FUNから新作『ASTRONAUTS』をカセットテープでリリースした。

「20世紀の宇宙開発」に触発されたという新作には、ノスタルジックでもあり未来的でもあり続ける場所である宇宙に対する、彼らなりのイメージが具現化されたものとなっている。

リリースに合わせメンバーの大澤とイラストレーターの北村みなみが共同で制作した"Orbicular Water"のミュージックビデオも公開になっている。

SoundCloudでは全曲のダイジェストも発表されている。

Info

artist : UNKNOWN ME
title : ASTRONAUTS

label : NOT NOT FUN
catNo : NNF355
format : Cassette,Digital&Streaming
file under : Ambient/NewAge/Balearic

A-1.mercury seven
A-2.no gravity
A-3.Buzz Aldrin's Dream
A-4.Brazilian Space Agency

B-1.Orbicular Water
B-2.radiation
B-3.UNKNOWN SEASON
B-4.return to the earth

Recorded : November 2017~January 2018 at Tokyo,Japan
Mixed : YAKENOHARA (A2~B1,B3), P-RUFF (A1,B2,B4)
Mastering : YAKENOHARA
Artwork : OSAWA YUDAI (Aroe inc.)

UNKNOWN ME are
Y (YAKENOHARA)
P (P-RUFF)
H (H.TAKAHASHI)
O (OSAWA YUDAI)

Composed by
A1 : Y+P
A2 : P+H+Y
A3 : Y
A4 : H+Y
B1 : P+H+Y
B2 : P+Y
B3 : H+P+Y
B4 : Y+P

RELATED

京都の名物パーティ『HOMESICK』が10周年 | okadada、やけのはら、鶴岡龍、KASHIFなどが出演

dj colaboyが主宰し京都・METROを舞台に多種多様なラインナップが出演してきた名物パーティ『HOMESICK』が10周年を迎え、12/22(土)に38回目となるパーティを行う。

思い出野郎Aチームの自主企画『ソウルピクニック』にOMSBとミツメ、やけのはら、VIDEOTAPEMUSICなどが出演

思い出野郎Aチームが9/5(水)にリリースする1stEP『楽しく暮らそう』のジャケットと、自主企画『ソウルピクニック』の出演アーティストを発表した。

Phum Viphuritの初来日公演にDJでやけのはらの出演が決定

4/24(火)に渋谷WWWで初来日公演を開催するタイのヤングスターPhum Viphurit。共演アクトとしてSTUTSが、Alfred Beach Sandalをフィーチャーしたセットで出演すると発表されているが、新たにDJとしてやけのはらの出演が決定した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。