Sheck Wesの“Mo Bamba”と映画『アナと雪の女王』挿入歌“Let It Go”のマッシュアップが公開

今年を代表するクラブバンガーとなったSheck Wesの“Mo Bamba”と、映画『アナと雪の女王』の挿入歌である大ヒット曲“Let It Go”のマッシュアップが公開された。

“Let It Mo (Sheck Wes x Frozen)”と題された同曲はSoundCloudユーザーであるBlasという人物によって制作されたもの。“Let It Go”のインストの上でSheck Wesが激しくラップする凶悪な仕上がりとなっている。Blasは以前『HENDRIX LAMAR.』というJimi HendrixとKendrick Lamarのマッシュアップアルバムもリリースしており、マッシュアップを得意としているようだ。

まるで出オチのような“Let It Mo”だが、おなじみの「Fuck, Shit Bitch!」のシャウトからサビへの盛り上がりは特筆に価する。これを読んでいるDJの方は、クリスマスも近づいたこのタイミングで“Let It Mo”をプレイしてみてはいかがだろうか。

RELATED

A-TrakとZeddとの間でSheck Wes "Mo Bamba"を巡る論争が発生、その状況に"Mo Bamba"のプロデューサーであるTake-A-Daytripがコメント

そのあまりにユニークなバイブスで今年を代表するヒット曲の一つとなったSheck Wesの"Mo Bamba"。シンプルな構成ゆえに賛否両論のある同曲だが、そこに人気EDMプロデューサーのZeddが噛み付いた。

Sheck Wesが近日リリース予定のデビューアルバム『Mudboy』に1人もゲストを迎えなかった理由を語る

“Mo Bamba”のヒットを皮切りに、Travis Scottの『ASTROWORLD』に参加するなど、ラッパーとしてのキャリアを着実に歩んでいるSheck Wes。

Sheck Wesが「Kanye Westには俺のキャリアにもっと関わって欲しかった」と不満を漏らす

“Mo Bamba”の大ヒットやTravis Scottの『ASTROWORLD』への参加で今最も注目されている若手ラッパーのSheck Wes。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。