Meek MillがDrakeによるディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイル

長きに渡ったDrakeとのビーフを解消し、先週リリースした最新作『Championships』も話題となり絶好調のMeek Mill。そんな彼がHot 97の人気ラジオ番組「FUNK FLEX」に出演し、Drakeによる2015年のディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイルを披露した。

Meek Millは今週の火曜日に番組に出演。パーソナリティのFunk FlexはMeek MillとDrakeがビーフをしていた際に互いの音源をプロモーションし煽っていたことを謝罪し、その後番組恒例となっているフリースタイルのコーナーに移行。自身に向けられたディス曲である“Back to Back”の上でMeek Millは持ち味であるハードなライムをスピットしスキルをアピールした。途中の“Drizzyと俺はやり合ってたけど、俺はいつでも平和を望んでいた”というリリックからはビーフ当時の彼の心境が窺える。また、かつてのMeek Millの恋人でありビーフにも大きく関与したNicki Minajへのディスと思われる部分では一際スキルフルなラップを披露し、Funk Flexやスタッフを大いに沸かせている。

「Jay-Zとの夕食の席で流れたDrakeの“Jumpman”を“Back to Back”だと勘違いし気まずい思いをした」というエピソードからも分かる通り“Back to Back”によってかなり辛い思いをしていたらしいMeek Millだが、今やそのビートの上で見事なフリースタイルを披露しているのは感慨深いものがある。全てのビーフがこのようにピースフルな形で解決してほしいものだ。

RELATED

俳優のマイケル・ラバポートが突如Meek Millを「ゴミラッパー」とディス

以前、2Pacを「退屈な音楽」と評したLil Xanに対し「才能が無い田舎者」と怒りを露わにした俳優のマイケル・ラバポート。ヒップホップファンとして知られる彼が突如としてMeek Millをディスしたことが話題となっている。

Drakeが4400万円の特注iPhoneケースを作ったことが明らかに

先日のグラミー賞では“God’s Plan”で年間最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrake。名実ともにトップラッパーとなった彼は強大な財力を惜しげも無く披露することで知られているが、またしてもとんでもないお金の使い方をしたようだ。

Drakeがグラミー賞の授賞式で「賞を取らなくてもファンがいれば勝ち」と語りスピーチをカットされる

今年のグラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrakeが、授賞式で行ったスピーチが物議を醸している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。