Wu-Tang ClanがNPRの人気企画『Tiny Desk Concert』に登場

ヒップホップ史上屈指の名盤である1st『Enter The Wu-Tang (36 Chambers)』の発売から25周年を迎えたWu-Tang ClanがNPRの人気企画『Tiny Desk Concert』に登場した。

20分のビデオの中で“Protect Ya Neck”, “Wu-Tang Clan ain’t〜”、”C.R.E.A.M.“など往年の名曲を次々とパフォーマンスされる、ファンにはたまらない内容だ。故Ol’ Dirty Bastardの代役として彼の息子Young Dirty Bastardも登場し、父親譲りのエキセントリックなラップスタイルを披露している。

また、Wu-Tang Clanは今月12月14日に“C.R.E.A.M.”のスペシャルロゴ入りリイシューヴァイナルを発売予定だという。こちらも90年代ファンの方は要チェックだ。

Wu-Tang Clanが出演した『Tiny Desk Concert』はこちらから視聴することが出来る。

RELATED

映画『キックス』の公開を記念してWu-Tang Clan25周年記念ショートムービー『For The Children』も公開決定

12/1(土)から劇場公開される映画『キックス』。劇中でWu-Tang Clanの名曲"C.R.E.A.M"が使用されることがきっかけとなり、渋谷シネクイントでの『キックス』上映時に2週間限定でWu-Tang Clanのデビュー・アルバム発売から25周年を記念したショートムービー『For The Children』が上映されることが決定した。

RZAがプロデュースするOl' Dirty Bastardの伝記映画が制作予定か

Wu-Tang Clanの創設メンバーの1人で、RZAとGZAのいとこであるOl' Dirty Bastard。グループとしての活動はもちろん、ソロアルバムでも『Return to the 36 Chambers』などで、他に比類のないフロウで存在感を放った彼は、2004年の11月36歳の誕生日の2日前にドラッグのオーバードーズの後遺症で亡くなった。

Wu-Tang ClanのRZAが犬散歩代行サービス『Woof-Tang Clan』を提訴

ニューヨークの犬散歩代行サービス『Woof-Tang Clan』を、Wu-Tang ClanのリーダーであるRZAが商標権の侵害で訴訟した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。