Yves Tumorの緊急来日公演が12/20にContactで開催決定

電子音楽を軸に彩なジャンルを掛け合わせることからエレクトリックミュージック界の冒険家と称されるYves Tumor。ダークでゴシック、グロテスクさの中に耽美さを調和させる音楽性を軸に、今年Warpからアルバム『Safe in the Hands of Love』をリリースし注目されているYves Tumorの緊急来日公演が、12/20(木)に東京・渋谷のContactで開催となる。

共演には、モジュラーシンセを取り入れたボーカルパフォーマンスが話題のmachìnaと、透明感と浮遊感を兼備したオルタナポップサウンドで知られるAya Gloomyなどが出演する。

Info

Yves Tumor "Safe In The Hand Of Love" release tour

12/20(木) Open 18:30 Close 23:00
¥2500 (別途1D ¥600) Door
¥2000 (別途1D ¥600) Advance / Before 19:30
【前売取扱】 Resident Advisor / clubberia / iflyer / e+
----------------------------------------
Studio:
Yves Tumor (Warp | US) -Live
machìna -Live
Aya Gloomy -Live
SINSENSA -Live

Contact:
Compuma
Mari Sakurai
and more

RELATED

出版社LIBRARYMANの10周年を記念したPOP UPが開催中 | フランチェスカ・アレンとAya Gloomyをゲストに迎えたイベントも

ベルギー・アントワープとスウェーデン・ストックホルムを拠点とする出版社LIBRARYMANが10周年を迎えた。2008年に創設されて以来、ヴィヴィアン・サッセン、オラ・リンダル、ゲリー・ヨハンソン、日本人ではホンマタカシ、永瀬沙世、横浪修などとコラボを行い、多くの作品集を生み出してきた。

テンテンコの主催イベントにAYA GLOOMYやENERGISH GOLF、TECHNO WOLFが出演

テンテンコが4/30(月・祝)に東京・渋谷のCIRCUS Tokyoで主催イベント『セムジャーゼとの対話』を開催する。

machinaが新曲を提供した資生堂のコラボレーションムービーが公開

SXSW 2018にも出演が決定した、韓国出身で現在は東京を拠点に活動するアーティストのmachina。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。