Meek MillがDrakeとPusha-Tのビーフについて語る

先日、ニューアルバム『Championships』をリリースしたMeek Mill。以前ビーフをしていたDrakeがアルバムに参加していることも話題になったが、そんな彼がPower 105のThe Angie Martinez Showに出演。DrakeとPusha-Tのビーフについて語っている。

「あんなハードすぎるものはないよ。俺はDrakeに会ったときそう言うつもりだよ」と語った彼は続けて、Pusha-TのDrakeの隠し子の存在を暴露など周りの人間までをも巻き込んだビーフについて、「ビーフが生まれる原因を教えてあげようか。『俺らはお前の母親とヤった。お前の父親はネズミ。お前の妹はビッチ。お前のおばあちゃんはコカインをやってる』これがこのゲームが生まれる原因だ。こんなもんなんだよ」とビーフは些細な言い争いから生まれてしまうと発言。

また、Meekはソーシャルメディアの時代である現代において、ヒップホップがいかに冷酷なものであるかについても語った。
「やつらはミームを作り、いろんなたわごとが起こってる。どうすればいいのかわからない。俺は混沌の中にいる。俺は今混乱しているんだ。」と現在のシーンに対し、困惑していることを明かした彼は「そこにルールなんてないし、どんなスタンスをとってもいいし、したいことはなんでもできる。ただ、自分の遺産を受け継ぎ、偉大なものにしないといけない、わかるだろ。俺たちはいくつもの終わりを見ることになる。今から5年後、10年後だ。誰が偉大になれるだろうな」とラッパーとしての苦悩も明らかにしている。

ちなみに、MeekはこのインタビューでJay-ZとBeyonceとの気まずい夕食の思い出のさらなる裏話も暴露。
先日、別のインタビューでは、食事中に“Back to Back”が流れたために、気まずい雰囲気になったと語っていたMeekだが、実はその時かかっていた曲は“Back to Back”ではなく“Jumpman”だったそうだ。
「あれは“Jumpman”だった。でも俺は“Back to Back”だと思ったんだよ。なぜなら、あのビーフは強烈なものだったからな」と自身とDrakeのビーフが強く印象に残っていたせいで曲を勘違いしていたそう。
Meekは気まずい食事の思い出をインタビューで語った際に、Jay-Zにメールを送ってそうなのだが、あれは“Back to Back”ではないと指摘されたとのこと。
「彼は‘俺はプレイリストに“Jumpman”は入れてたけど・・・君と親しくしていたら、俺は(“Back to Back”を)聞かないだろうね」とJay-Zからは返信が返ってきたそうだ。

いずれにせよ、“Jumpman”もDrakeの楽曲であることに変わりはないので、気付いていたとしても気まずくなりそうではある。

RELATED

Meek MillがDrakeによるディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイル

長きに渡ったDrakeとのビーフを解消し、先週リリースした最新作『Championships』も話題となり絶好調のMeek Mill。そんな彼がHot 97の人気ラジオ番組「FUNK FLEX」に出演し、Drakeによる2015年のディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイルを披露した。

Meek MillがJay-ZとBeyonceとの気まずい夕食の思い出を語る

先週金曜日にニューアルバム『Championships』をリリースしたMeek Mill。同作には長くビーフを行なっていたDrakeとのコラボ曲“Going Bad”が収録されていることも話題となっているが、そんなMeek MillがまだDrakeとのビーフの真っ最中だった時期のエピソードを披露している。

Meek MillがDrakeとのビーフを振り返る

今週金曜日にはニューアルバム『Championships』のリリースも控えるMeek MillがVultureのインタビューに登場。3年前、激しいビーフを繰り広げ、今年9月に和解を果たしたDrakeについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。