DJ Khaledが仮想通貨ビジネスの利益を横領した罪で起訴される

DJ Khaledが仮想通貨詐欺の容疑で起訴されていることが分かった。仮想通貨を用いたクラウドファンディングで投資された金額を開示しなかったことが原因だという。

証券取引委員会が発行した資料によると、KhaledはCentra Tech Inc.から受け取った50000ドル(約560万円)の明細を公表しなかったとのこと。彼は自身のSNSアカウントを「ゲームチェンジャー」であるとして投資を募っていた。

Khaled自身はこの疑惑に対して沈黙を保っているが、裁判所から命じられた却下金50000ドル、10万ドル(約1100万円)の罰金、及び2725ドル(約30万円)の利益の支払いには同意している。さらに、今後2年間自身の有価証券や仮想通貨を宣伝することが出来なくなってしまうようだ。

アメリカ合衆国財務省のSteven Peikinは、この事件について「投資家は有名人の支持に慎重になるべきだ」と語る。また、「投資家はソーシャルメディアに掲載された投資アドバイスを疑うべきだ。セレブの知名度に基づいて投資の意思決定を行なうべきではない」ともコメントした。

確かに、仮想通貨などインターネット上のビジネスで有名人が投資を募っていればファンは簡単に投資をしたくなるかもしれない。だが、その前に一呼吸置いて正しい判断をすることが大切なのだろう。

RELATED

DJ Khaledが息子のAsahd君と一緒にエクササイズ

DJ Khaledといえばアルバムや曲のジャケットに使ってしまうほど、息子のAsahdくんを溺愛していることで有名だ。

DJ Khaledが自分の作品に参加しているアーティスト同士のディスに気づかないこともあると認める

DJ Khaledのニューアルバム『Grateful』には多くのビッグアーティストが参加している。というより彼のこれまでの作品に参加したアーティストはほぼ有名アーティストばかりである。そして中にはDrakeとJAY-Zのように、同じKhaledの作品に参加していながら、微妙な関係性のアーティストも存在する。

DJ Khaled、EDCフェスでの彼のステージは意図的に台無しにされたと主張

先週末、ラスベガスで3日間に渡り開催されたダンスミュージックフェス『EDC』。アルバムリリースも控え、現在人気急上昇中のDJ Khaledも出演したのだが、予想外なことに彼のステージは観客からの大ブーイングを浴びることになってしまった。原因は機材トラブルにより音が途切れたり、セット自体を短くすることになってしまったこと。これに対してDJ Khaledは今回の機材トラブルはEDC側の人たちのミスであると主張した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。