Juicy JがColumbia Recordsの新CEOに就任か?

Three 6 Mafiaから始まり、現在まで、長きにわたってヒップホップシーンを支えてきたJuicy J。すでにレジェンドの仲間入りを果たしたと言っても過言ではない彼が、ここに来て新たな一歩を踏み出すかもしれない。

Juicy Jは昨日、自身のInstagramにこのような投稿をした。

アメリカの大手レコードレーベルであるColumbia Recordsのマークの前で撮られた写真とともに、キャプションには「Columbia Recordsが俺をCEOにすることを考えてくれていることに感謝したい。俺はこのゲームに革命を起こす。」と書かれている。

なんと彼はColumbia Recordsのトップに就任することをほのめかしたのだ。さらに、「革命を起こす」と意気込んでおり、信憑性は高いと言える。

この件に関し、Columbia Records側は反応していないが、上記の投稿のコメントにはこの就任に対し、好意的な意見が多数見受けられ、ファン達は彼をサポートする姿勢を取っているようだ。

現在、Juicy JはWiz KhalifaのレーベルTaylor GangのA&Rを務めているため、CEOの仕事に不足はないだろう。今後の彼の動きにも注目である。

RELATED

Juicy Jが印象に残っているヒップホップのビート5曲を語る

Travis Scottを客演に迎えた新曲“Neighbor”のリリースも記憶に新しいJuicy JがXXLのインタビューに登場。

Juicy Jが3分以内の短いヒット曲が増えた理由について語る

ストリーミングサービスで音楽を聴くことがポピュラーになった昨今、時間が短いヒット曲が増えていることを実感するリスナーは多いはずだ。史上もっとも短いヒット曲はLil Pumpの“Gucci Gang”(2分4秒)だが、そんな現状について元Three 6 Mafiaで現在も第一線を走り続けるJuicy Jが語っている。

Juicy JがThree 6 Mafiaの活動を再開したいと発言|他のメンバーの発言と矛盾

Three 6 MafiaのメンバーJuicy Jが、Three 6 Mafiaとして新たに音楽を作りたいと発言。『Beats 1 Radio』のインタビューでJuicy Jはメンバーに対する思いを語り、メンバー間の関係を修復できれば活動再開を実現できると明かした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。