今週金曜日にリリース予定のEarl Sweatshirtの新作『Some Rap Songs』に彼の両親が参加していることが明らかに

2015年の『I Don’t Like Shit, I Don’t Go Outside』以来3年ぶりとなるEarl Sweatshirtの新作『Some Rap Songs』のリリースが今週の金曜日に予定されている。すでにiTunesでは同作のトラックリストが公開されており、以前よりされてきたNYのグループStanding on the Cornerがフィーチャーされていることも確認できるが、何より話題を呼んでいるのはアルバムに彼の両親が参加していることだろう。

アルバムの13曲目“Playing Possum”にEarlの実の両親Cheryl HarrisとKeoraptse Kgositsileの名前が参加アーティストとしてクレジットされている。Earlは詩人の父親と大学教授の母親の元に生まれ育ち、自身の両親について度々楽曲の中で歌ってきた。Odd Future期には「Tyler, the CreatorがEarlに悪影響を与えている」と考えた母親によって全寮制の更生施設に入れられてしまい「Free Earl」運動が発生するなど、複雑な関係であることが知られていた。そのため、今回の参加でファンの間には驚きが広がっている。

父親であるKeorapetseは今年の7月に79歳でこの世を去っており、その際にEarlはTwitterにて追悼を行なっていた。

“Playing Possum”は父親の死をきっかけとして両親にオマージュを捧げる内容となっていることが予想されるが、果たしてどのような楽曲に仕上がっているのだろうか。トラックリストは下記の通り。

Info

1. Shattered Dreams
2. Red Water
3. Cold Summers
4. Nowhere2go
5. December 24
6. Ontheway! (feat. Standing on the Corner)
7. The Mint (feat. Navy Blue)
8. The Bends
9. Loosie
10. Azucar
11. Eclipse
12. Veins
13. Playing Possum (feat. Cheryl Harris and Keorapetse Kgositsile)
14. Peanut
15. Riot!

RELATED

【レビュー】Earl Sweatshirt 『Some Rap Songs』 | 自分だけのための言葉

Earl Sweatshirtが先月末にリリースしたアルバム『Some Rap Songs』は、内省的な作風で知られる彼のキャリアの中でも特に重苦しい作品だった。アブストラクトなビートやボソボソと低く呟くようなラップなどの要素は前2作とも共通するものだが、『Some Rap Songs』は異様とも言えるような雰囲気に満ちている。

Earl SweatshirtがKanye WestとEminemに対して「インターネットを使い始めたのは俺たちだ」と発言

全く本当に最高な週だ。Earl Sweatshirtがアルバム『I Don’t Like Shit, I Don’t Go Outside』から3年を経て、今週金曜日に新作アルバムをリリースする。新作アルバム『Some Rap Songs』はBeats1やCamp Flog Gnawによってリリース前に評価されており、現在のヒップホップの流れとは一線を画す内容になっているようだ。有難い事に今現在のEarlへのインタビューが行われた。

Earl Sweatshirtが3年ぶりにアルバムをリリースすることをほのめかす

2015年にアルバム『I Don’t’ Like Shit I Don’t Go Outside』を発表して以来3年もの間沈黙を保ち続けてきたEarl Sweatshirtが、新たな楽曲をリリースすることを予告した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。