【フォトレポート】 tofubeats 『RUN』リリースパーティ at 恵比寿LIQUIDROOM

11/22、恵比寿LIQUIDROOMにて過去最長の2時間超えのライブセットを行ったtofubeats。表題曲"RUN"に始まり、自身の過去曲と『RUN』に収録されているライブ初披露となる新曲を交えたライブにはいくつかのサプライズも。まずは『FANTSY CLUB』からの"THIS CITY"では徳利が突然舞台横から登場。当初徳利は「ステージ幕の開け締め」を担当するだけのはずだったが、これにはコアなファンもニッコリ。そして「みんな水星で名前やラップは知っているけど顔を見たことがない」と、tofubeatsが言う盟友オノマトペ大臣がシークレットゲストとして出演。そして本編ラストを映画『寝ても覚めても』の主題歌"RIVER"で締めくくった。

アンコールではさらにPUNPEEも「偽tofubeats」としてサプライズ登場。小芝居の後、tofubeats、オノマトペ大臣とともに揃い踏みし"水星 Roller Skate Disco Remix"を披露。これは今年5月26日にSTUDIO COASTで行われたPUNPEEのイベント『SEASONAL GREETINGS』にtofubeatsが「偽PUNPEE」として登場した意趣返し。

tofubeatsは「水星をリミックスしたりカバーした人ばかり有名になっていきますね…」と少し自虐的にMCで話した後「オートチューンを使わない曲は少し恥ずかしいですが」と前置きしてこの日最後の曲となった『First Album』からの一曲"20140803"は、余計に『RUN』発表後のtofubeatsのスタンスを表したようで印象的だった。この後『RUN』リリースパーティは、福岡、岡山、大阪と続き、来年も予定されている。

当日は『FANTASY CLUB』のリリースライブでもライブビジュアル/照明を担当したhuezがVisual & Lightingとして14枚のモニターディスプレイを使ったVJ、照明、レーザーで演出。

また、会場ではツアー限定グッズの販売もあり、山根氏のイラストとGraphersRockデザインによるグッズにはチケットを入手できなかったファンも駆けつけた。このグッズは反響が大きかったため11/26 20:00より少量ながらワーナーミュージック・ジャパンのECサイトでも販売される。

Photo by Jun Yokoyama (Twitter /Instagram)

--

003

004

007

009

012

013

017

018

020

021

023

027

028

032

034

037

039

041

042

044

050

051

052

058

060

061

066

068

069

070

071

073

074

076

--
tofubeats
Twitter / instagram / website

tofubeats “RUN” Release Party
11/30 THINGS WE SAY SPECIAL “RUN” Release live @ 福岡博多 BEAT STATION
12/15 unBALANCED RUN Release Edition @ 岡山YEBISU YA PRO
12/29 tofubeats “RUN” Release Party @ 大阪心斎橋SUNHALL

RELATED

tofubeatsによる映画『寝ても覚めても』のサウンドトラックが発売決定

tofubeatsが手がけた映画『寝ても覚めても』のサウンドトラックが発売決定となった。アルバム『RUN』で、新しい姿をみせたtofubeatsだが、昨年初の映画音楽に挑戦した『寝ても覚めても』のオリジナル・サウンドトラックの配信リリースが決定した。

iriの3rdアルバム『Shade』にはtofubeats、STUTS、grooveman Spot、三浦淳悟などが参加

iriが3/6(水)にリリースするニューアルバム『Shade』の収録曲の詳細が発表となった。 昨年8月にリリースしたシングル"Only One"とカップリングの"飛行"を含む11曲を収録する新作には、大沢伸一を始め、tofubeats、grooveman Spot、Shingo.S、三浦淳悟(...

tofubeatsが"Plastic Love"カバーのリリースを前に自身によるFuture Funkリミックスを公開

先日発表されたtofubeatsによる竹内まりやの名曲"Plastic Love"のカバーが、来週1/23(水)のリリースを前にiTunesでの予約が本日スタートとなっている。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。