Kanye Westのゴーストライターを務めたPardison Fontaineが、自身をゴーストライターだと暴露したKanyeに対して怒りを見せる

ラッパーがゴーストライターを雇うことは現在のラップシーンにおいて珍しいことではない。Kanye WestやCardi Bがゴーストライターを雇っていることは広く知られているが、その両名のリリックを書いた経験もあるラッパーPardison FontaineのインタビューがGQにて公開された。

インタビューでPardisonは、自らが「ラッパー」としてではなく「ゴーストライター」として認知されていることに不満を表明している。彼自身は曲も多くリリースしている才能のある若手ラッパーだが、KanyeやCardi Bのような人気ラッパーにリリックを提供したばかりにアーティスト個人として認識されることが少なくなってしまったという。

その原因の一つに、KanyeがTwitterにてPardisonをゴーストライターとしてクレジットしたことがある。Kanyeは「Pardison Fontaineが“Violent Crimes”のヴァースを書いた。俺は二つのラインを変更したけど、彼が曲の全体を書いたんだ。CyHi Da Prynce、Consequence、Pardiの三人が、業界の中のゴーストだ」というツイートで、アルバム『Ye』の“Violent Crimes”が殆どPardisonの手によるものだということを暴露。それが広く拡散されたことで、Pardisonのゴーストライターとしての知名度が格段に上がってしまった。

Pardisonはこの出来事について「むかついた」と話す。「それは誰も知らなくてよかったことだ。俺はKanyeに“そんなことのために歌詞を書いたんじゃない”って言ったよ」と語る彼は、クレジットされるためではなくあくまでサービスとしてゴーストライターを務めたそう。

ゴーストライターとして知られてしまったPardison Fontaineだが、これを機会に優れたリリックを書ける彼のラッパーとしての実力も広く知られることを願うばかりだ。

RELATED

Kanye Westがバレンタインデーにサックス奏者のKenny Gによる演奏をKim Kardashianに送る

昨日はバレンタインデーだったこともあり、愛する人にプレゼントを贈ったという人も多いのではないだろうか。日本ではバレンタインデーといえば女性が男性にチョコレートを渡すというのが一般的だが、海外では男性が女性に贈り物をする日という風に定着している。Kanyeも愛する人にプレゼントを贈った男性の内の1人だ。今年、彼は妻であるKim KardashianにBabyfaceやRobin Thickeとともに楽曲をリリースしたこともあるサックス奏者Kenny Gによる演奏をプレゼントした。

Cardi BとBruno Marsのコラボ曲"Please Me"がリリース

Bruno Marsが"Finesse"のリミックスで共演を果たした、Cardi Bとのコラボ曲"Please Me"を緊急リリースした。

Cardi BがOffsetと結婚カウンセリングを受けていると明かす

昨年の12月に破局が報じられたものの、正式な復縁のために動き出していることが明らかとなっているCardi BとOffsetの夫婦。完全な雪解けまでは時間がかかりそうな二人だが、関係を改善するために二人でカウンセリングを受けているとCardi Bが明かしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。