Minchanbabyが深淵に沈む感情を歌うEP『都会にまつわるエトセトラ』がリリース | 全曲Mitch MitchelsonがプロデュースでSHACHIが参加

8月にEP『ひとりのテロリズム』をリリースしたばかりのMinchanbabyが、最新EP『都会にまつわるエトセトラ』を金曜日にリリースした。

Cherry BrownやkZm、YDIZZYなどにビートを提供してきたMitch Mitchelsonが全曲プロデュースを手掛けたこの作品では前作『ひとりのテロリズム』から引き続きスムースなフロウでモダンなヒップホップビートを難なく日本語に落とし込むMinchanbabyの卓越したラッパーとしての力を聴くことができる。

それと同時に歌われているテーマはアルバム『たぶん絶対』から続く、孤独さがテーマとなっていて、フラットなテンションで歌われることによって救いのなさが伝わってくるという前代未聞の聴き応えとなっている。

若手のエモラップとは違い表面的なエモーションではなく、深淵に沈む感情を表出させるMinchanbabyの凄みのあるこの2作のEPは必聴だろう。

RELATED

Minchanbabyの新曲"走りの中で"が公開

昨年リリースのアルバム『たぶん絶対』以降も精力的に新曲を発表し続けているMinchanbabyが、新曲"走りの中で"をYouTubeで公開した。

Minchanbabyが新曲"L'Arc"と"バイバイ"の2曲を公開

昨年3rdアルバム『たぶん絶対』をリリースしたMinchanbabyが、YouTubeに"L'Arc"と"バイバイ"の2曲の新曲を公開した。

soakubeatsのセカンドアルバム『Crude』が8月にリリース決定 | Dekishi、Onnen、Minchanbaby、Jin Dogg、dodo、入江陽、徳利などが参加

自身のレーベル粗悪興業を主宰し、2012年にデビューアルバム『Never Pay 4 Music』をリリースしたsoakubeats。その後DekishiやOnnen、Minchanbabyなどの作品を手がけつつ、6年ぶりとなる2ndアルバム『Crude』を8/22(水)にリリースすることが決定した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。