KMの制作風景に密着したBlack Fileの人気企画「オタク IN THA HOOD」が公開

ビートメイカーやラッパーのこれまで明かされていない、制作現場やたまり場を紹介するBlack Fileの人気企画「オタク IN THA HOOD」に、アルバム『Fortune Ground』をリリースしたKM編がYouTubeでも公開された。

ホストを務めるKloozはKMのスタジオ兼自宅を訪問、家族と共に生活をしながら制作をこなすKMの制作環境を解き明かしていく。レコードコレクションや本棚にはECDの影響で読み始めた中島らもの著作群などが並ぶ。

また子供部屋ではKMのDJプレイを見たという長男に「パパかっこよかったよ」と言われたのがなにより嬉しかったというほっこりするエピソードも明かしている。

その後はシンプルな環境の中でスピーディーに曲を作っていくKMの制作部屋を紹介、ビートを作るためにスタジオに入る必要はないというKMらしいコメントを残している。

RELATED

痛みと愛を歌う新鋭Kvi BabaがKMが全曲プロデュースしたEP『Natural Born Pain』を今月リリース

大阪・茨木市出身の1999年生まれのラッパーKvi Baba。ティーンならではの青いセンチメタリズムの中にある痛みや愛を歌うリリックとエモーショナルなフロウで注目を集めてきた彼が、初のスタジオ作品としてEP『Natural Born Pain』を2月にリリースする。

【対談】KM × 粗悪ビーツ | アルバム・ビートメイク・子育て

昨年アルバム『FORTUNE GRAND』をリリースしたKMと、同じく『Crude』をリリースした粗悪ビーツ。この2人は、2016年に開催されたイベント『86BABIES』の企画でも対談したことがある同世代のビートメイカー。 多くのラッパーをフィーチャーした作品を昨年2人ともリリースしたという...

1 of 2018 Selected by KM

FNMNLの毎年恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画ではアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちが、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つをチョイスして紹介してもらおうというもの。それぞれのベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画で2018年を振り返ってみては?

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。