Pro Eraが未発表音源を追加し『PEEP the Aprocalypse』を再リリース

Joey Badass擁するニューヨークのヒップホップコレクティブPro Era。
これまでPro Era自体の作品として、いくつか作品を発表してきたが、その中の1つである『PEEP the Aprocalypse』が未発表音源を加えて再リリースされた。

追加された“Know the Rules”にはJoey BadassやCJ Fly、Kirk Knightなど主要メンバーが参加しており、Pro Eraらしいジャジーでグルーヴィーな1曲となっている。

初めて『PEEP the Aprocalypse』がリリースされたのは、今から遡ること6年前の2012年。Pro EraのリーダーであるCapital STEEZが亡くなった1日後だった。
彼は亡くなる直前にJoey BadassとともにMTVのインタビューに登場し、このプロジェクトについてやPro Eraについて話していた。

「正直に言うと、俺はあいつら無しでは何もできない」とJoeyはクルーのメンバーについて語り、続けて「もし世界が終わるとしたら、彼らはなぜJoeyがJoeyのまま居られるかどうかを理解するだろうね。俺らは1つなんだ。俺らは皆本当にスキルがあるから、一緒に輝くことができる、1人ではなくてね」とCapital STEEZはメンバーへの愛を語っている。

新しい『PEEP the Aprocalypse』はApple MusicやSpotifyなどで聴くことが出来る。

RELATED

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。