6ix9ineが連邦当局に逮捕された理由が明らかに│最低25年の服役や終身刑の可能性も

昨日、6ix9ineが連邦当局によって逮捕されていたことが明らかになった。報道された時点では逮捕の原因は不明だったが、今回彼が6つの重大犯罪に関わっていたことが伝えられている。

TMZによると、6ix9ineは長くATF(アルコール、タバコ、火器及び爆発物取締局)とニューヨーク市警察、国土安全保障省による調査の対象になっていたという。彼は仲間と共に武装強盗、麻薬取引、銃撃などの犯罪行為を働いた疑いをかけられており、最低25年の服役や終身刑の可能性もあるそうだ。

検察は6ix9ineがギャング「Nine Trey Bloods」の麻薬ビジネスに加担しており、ニューヨーク全体でヘロイン、MDMA、フェンタニルを売りさばいていたと伝えている。抗争の中で銃器を発砲したことが逮捕の直接の原因ではあるが、それらの悪事が全て明らかになった今、これまでのように彼が保釈や無罪を裁判の中で勝ち取ることは難しいと見込まれている。

アルバム『Dummy Boy』のリリースを控え音楽活動により精力を注ぐべきタイミングでの逮捕だが、アルバムは予定通り配信されるとのこと。これからの6ix9ineの運命やいかに?

RELATED

6ix9ineの弁護士が司法取引を断固拒否

銃撃事件などに関わったとして逮捕され、最長で終身刑の可能性も示唆されている6ix9ineだが、弁護士のLance Lazzaroは断固として彼の無実を主張している。彼は「司法取引など論外だ」とTMZに話している。

Tory Lanezが獄中からアルバムをリリースした6ix9ineを2Pacと比較

ニューアルバム『Love Me Now』をリリースし、最近ではJoyner Lucasとのオールドスクールなビーフも話題になったTory Lanez。そんな彼がTim Westwood TVに登場。6ix9ineについて語っている。

今週のアルバムチャートの1位がTravis Scottの『Astroworld』ではなく6ix9ineの『DUMMY BOY』だったことが明らかに

先日、ニューアルバム『DUMMY BOY』を無事リリースした6ix9ine。現在、勾留中の彼にとってはいわゆる曰く付きのアルバムとなったわけだが、最新のビルボードアルバムチャートでは初登場1位を獲得すると見られていた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。