Juice WRLDが“Lucid Dreams”のサンプルを巡ってSting側との争いについて「腹を立てていない」とコメント

今年を代表するヒット曲の1つとなったJuice WRLDの“Lucid Dreams”。Stingのクラシック“Shape of My Heart”をサンプリングしている同曲のサンプル使用料が話題となっている。

11月17日、“Lucid Dreams”のプロデューサーであるNick Miraが自身のTwitterにて「ファック@OfficialStingとそのチーム。“Lucid Dreams”のロイヤリティの85%を持って行った後、彼は俺たちを“何があっても裁判所に連れて行く”って脅した」とツイート(現在は削除)。さらに、Sting側が“Lucid Dreams”が“Shape of My Heart”を「サンプリング」したのではなく「改ざん」したとして訴訟問題に発展させようとしているということを明かした。

Stingは以前Billboardのインタビューにて“Lucid Dreams”を「原曲の忠実かつ美しい解釈」と称賛しており、さらに「おかげで孫を大学に入れることができる」とサンプル使用料についてのジョークを飛ばすなど好意的な反応を示していた。Juice WRLDもStingからの称賛に感激しており、「Stingは最高のアーティストだ」と発言するなど両者の関係は良好なはずであった。

しかし、Juice WRLD自身はこの件について「腹を立てていない」のだという。彼は自身のTwitterにて「失った数百万ドルがまた別の数百万ドルを作り出す。あの曲は人々に良い影響を与えたし、怒ることは出来ないよ。お金よりも作ることが大事なんだ」とコメントし、金銭や権利関係の問題よりもあくまで自らの作品に集中したいという彼らしい考え方を示している。

ヒップホップにサンプリングの権利問題はつきものだが、“Lucid Dreams”は大ネタ使いで余りにも大きなヒットを記録したため騒動が大きくなってしまっているようだ。Sting側は今後どのように動いていくのだろうか。

RELATED

【インタビュー】Juice WRLD | 自分だけのためじゃなくみんなのために

シカゴ出身の19歳のラッパーJuice WRLD。とっつきやすいメロディアスなフロウと、失恋など普遍的なテーマを描く彼のエモーショナルなリリックは、いま多くの同世代のファンを掴んでいる。

FutureがJuice WRLDが自身の影響でリーンを飲んだと知って謝罪する

先日リリースされたFutureとJuice WRLDの二人によるアルバム『WRLD ON DRUGS』。わずか5日間でレコーディングされたことでも話題となっている同作だが、レコーディングの最中にJuice WRLDが何気なく発した言葉がFutureを深く反省させたという。

Juice WRLDが「俺はラッパーとしてだけでなくミュージシャンとしてリスペクトされるようになる」と語る

先日Futureとのコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしたことも話題となっているJuice WRLD。“Lucid Dreams”や“All Girls Are The Same”など、エモーショナルなリリックをメロディアスに歌い上げるスタイルの楽曲でブレイクしたラッパーだが、同時に様々なビートの上で一時間フリースタイルを続けられる程のスキルを持つことも知られている。そんなハイブリッドな才能を持つJuice WRLDが、Billboardのインタビューにてアーティストとしてどのような道を歩んで行きたいかを語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。