Gucci Maneのライブでステージに上がったファンをセキュリティが突き落とす

ラップのライブを観てバイブスが上がりすぎたファンが痛い目を見る事例は多々あるが、今回またしても熱狂的なファンがステージに上がろうとしてしまったようだ。

先週金曜日、Gucci Maneがブルックリンにて行なったライブで熱狂したファンがスマホを持ってステージに接近。ダイブのような形で観客に担ぎ上げられステージに上がろうとしたが、屈強なセキュリティの男性によってフロアに突き落とされてしまった。

Gucci Maneは“Wasted”をパフォーマンス中だったが、流石というべきか我関せずといった様子でラップし続けている。曲も中断されないまま、何事もなかったかのようにライブは続行された。転落したファンが怪我をしたのかどうかは不明だが、会場に救急車などは呼ばれなかったため大事には至らなかったようだ。

これまでもRae Sremmurdのライブ中ステージに乱入したファンがタックルをかまされたり、Playboi Cartiのステージに上がったファンがCarti本人にパンチされた挙句セキュリティに投げ飛ばされた事例などを報じてきた。せっかくのライブを楽しい思い出にするためにも、ラップのファン全体でアーティスト本人が許可しない限りはステージに登ることがないよう気をつける意識が共有されることを願う。

RELATED

Gucci Maneが「刑務所に入っていなければドラッグで死んでいた」と語る

トラップの元祖の一人としても知られ、現在も第一線での活躍を続けるGucci Mane。そんな彼は今までに複数回逮捕され刑務所に入っていたことでも知られているが、「もし刑務所にはいっていなかったらドラッグで死んでいた」と語っていることが話題となっている。

DIESELがネット上の誹謗中傷をテーマにした「HAUTE COUTURE」を展開 | 全国のショップでストアイベントも開催

DIESELは今やなくてはならない存在となったソーシャルメディア上で、社会問題にもなっている誹謗中傷をテーマにした「HAUTE COUTURE(ヘイト クチュール)-ヘイトなんて、着ちらそう。」とメッセージを投げかける。

T.I.がキュレーションするトラップ博物館がアトランタにオープン

今年T.I.とGucci Maneが、どちらがトラップの発明者かという話題で争いになったのを覚えているだろうか。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。