イ・ランのエッセイ集『悲しくてかっこいい人』の日本語版がリトル・モアから刊行

シンガーソングライターをはじめ映像作家、コミック作家、エッセイストとして活躍するイ・ラン。韓国のグラミーともいわれる韓国大衆音楽賞 最優秀フォーク賞を昨年受賞したイ・ランが、2016年に韓国で発売し7刷のヒットとなったエッセイ集『悲しくてかっこいい人』の日本語版が、リトルモアより発売された。

ままならない日々の葛藤や疑問、生きることにつきものの、労働、孤独、 恋愛、退屈、自意識との戦い。本書は創作、社会との接点を通して、「いったい何者なのか?」と自分をみつめるイ・ランが日常を悲しみながら、あははと笑い飛ばす、洒脱なユーモアあふれるひとりごとエッセイとなっている。

もしかしたら、わたしは忘れられないために今も都会に暮らしているのかもしれない。不幸を歌い、その歌をわたしのような不幸な人たちに聴かせるために。(本文より)

翻訳は呉永雅(オ・ヨンア)、装幀は名久井直子が手がけている。

Info

悲しくてかっこいい人
イ・ラン著
11月16日発売予定
1800 円+税
●四六判、ソフトカバー、280 ページ、
翻訳=呉永雅(オ・ヨンア)/装幀=名久井直子

RELATED

写真でヒップホップの歴史を辿る書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行

12/21(金)に書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行となる。この本はタイトル通り、誕生から45周年を迎えたヒップホップの歴史を作ってきた写真に焦点を当て、決定的な一枚とアウトテイクを掲載しているもの。

Netflixオリジナルドラマ11作品を山崎まどか、小林雅明、長谷川町蔵などライター陣が徹底解剖した書籍が刊行

世界最大手の定額制動画配信サービスNetflixが製作・配信する珠玉のオリジナルドラマシリーズ11作品を、11名のライター陣が徹底解剖した書籍『ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix(仮)』が刊行される。

東京アートブックフェアに先駆けて銀座ソニーパークで「TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition」が開催

世界中のアーティストやギャラリー、アーティストが集い、 数日間にわたる会期を通じてのべ2万人超の来場者が訪れ賑わいをみせる東京アートブックフェア。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。