ジョナ・ヒルがTravis Scottの『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛し、Kanye Westについても語る

90年代のヒップホップカルチャーを題材にとった自伝的映画『Mid 90s』が現在アメリカで公開中の俳優ジョナ・ヒルがGQのインタビューに登場。完成した映画やヒップホップなど様々なトピックについて語っている。

インタビューの中で、ジョナ・ヒルはTravis Scottのアルバム『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛。90年代ヒップホップのマニアとして知られるジョナ・ヒルだが、現行のヒップホップにおいて最先端のサウンドを詰め込んだ『Astroworld』も絶賛する辺り、彼が音楽ファンから熱烈な支持を受ける理由が分かる。彼は以前にもGeniusのインタビューにてTravis Scottを「興味深いアーティスト」と呼んでいる。「Travis Scottのこの前のアルバムを聴いて、彼の中のカオスが大きくなればなるほど音楽が良くなっているように感じたんだ。ライブで観客が熱狂するのもみんなの中で彼が特別だからだし、あのレコードで音楽が彼のクールさに追いついたような気がした。SoundCloud的なバイブスとパンクなバイブスがあって、これから先を見るのが興味深いアーティストだよ」という意見からは、ジョナ・ヒルの音楽に対する感覚の鋭さが窺える。

インタビューではKanye Westに会いにワイオミングへ足を運んだエピソードも語られている。ジョナ・ヒルはトランプ支持を表明した後のKanyeに会いに行ったことで、妹から一週間口を聞いて貰えなかったのだそうだ。「Kanyeのことはアーティストとして好きで、彼が今言っていることには一切同意しない」と主張したが、妹は納得せず喧嘩になってしまったとのこと。

そんなヒップホップマニアの彼が制作した映画『Mid 90s』への期待も高まる。日本ではいつ公開されるのだろうか?

RELATED

Travis Scottがカンザスシティでのライブで「ありがとうセントルイス」と違う都市に対しシャウト

ライブに頻繁に足を運ぶ人は、アーティストが会場のある都市名をシャウトしている場面を一度は見たことがあるはずだ。その際に彼らが誤った街の名前を口にしてしまうという珍事がごく稀に起こるが、今回Travis Scottがそのようなミスをして話題となっている。

Travis Scottによる遊園地が地元ヒューストンに建設予定か

昨年を代表するアルバムの1つ『AstroWorld』を発表してからというもの、スーパーボウルハーフタイムショーに出演するなど現代を代表するラッパーとしての地位をますます確固たるものにしつつあるTravis Scott。そんな彼は今、そのアルバムを引っさげたAstroWorld Tourの真っ最中なのだが、以前には観覧車をステージに登場させるなどアルバムのジャケットにもある遊園地をモチーフにしたような演出が話題を呼んでいた。そして、今回本当にTravisによる遊園地が実現してしまうかもしれない。

Kanye Westがバレンタインデーにサックス奏者のKenny Gによる演奏をKim Kardashianに送る

昨日はバレンタインデーだったこともあり、愛する人にプレゼントを贈ったという人も多いのではないだろうか。日本ではバレンタインデーといえば女性が男性にチョコレートを渡すというのが一般的だが、海外では男性が女性に贈り物をする日という風に定着している。Kanyeも愛する人にプレゼントを贈った男性の内の1人だ。今年、彼は妻であるKim KardashianにBabyfaceやRobin Thickeとともに楽曲をリリースしたこともあるサックス奏者Kenny Gによる演奏をプレゼントした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。