アメリカのニュースキャスターがA Tribe Called Questの『Midnight Marauders』のリリース25周年を記念しリリックを引用してニュースを読む

1993年の11月9日、A Tribe Called Questのサードアルバム『Midnight Marauders』が発表された。先週金曜日、同作のリリース25周年記念日を祝ってアメリカのニュースキャスターがACTQの歌詞を引用して交通情報を報道している。

アトランタのテレビ局WSBTVのキャスターFred Blankenshipと交通情報担当のMark Arumは、しばしばラップのタイトルや歌詞を引用してニュースを報道することで知られている。以前にもMobb DeepのProdigyやNotorious B.I.G.などを追悼してニュースを読んでいたが、『Midnight Marauders』25周年の今回も同作のリリックを引用してファンをニヤリとさせている。

Mark Arumはまず冒頭で“Weather has been marauding~”とアルバムのタイトルをドロップ。続けて、“I know that ride on 575 can drive you insane, drive you up to the wall”と、名曲“Electric Relaxation”のパンチラインを引用するなどしてオマージュを捧げた。

アメリカの一部のヘッズにとってはお馴染みになっているというWSBTVの交通情報。次はどのようなアーティストにオマージュを捧げるのだろうか?

RELATED

A Tribe Called Questが冷遇された今年のグラミー賞を振り返る |「俺は賞を取って帰るはずだと思ってた」

今年の1月にグラミー賞授賞式が行われ、ヒップホップのアーティストが多くの主要部門にノミネートされた。その結果にヒップホップファンの多くは歓喜のおたけびを挙げただろうが、みんなではなかったようだ。 A Tribe Called Quest のメンバーConsequenceとAli Shaheedは3/13、ヒップホップを中心に取り扱うラジオ番組『Sway' Universe』に登場。そこでは、Billionaire Boys Clubとのコラボレーションについて語られているが、インタビューの終盤にはグラミー賞にノミネートされなかった怒りを露わにする。

A Tribe Called Questが「これが最後のライブになる」と先週末のライブ中に発表

土曜日、イギリスの音楽フェス『Bestival Festival』にて、A Tribe Called Questのステージ中にメンバーのQ-Tipが「A Tribe Called Questとしてライブをするのはこれが最後だ」と、ファンに向けて宣言した。

ATCQの最新ツアーDJを務めたリアル・レジェンドDJ SCRATCHが今週末CONTACTに登場

昨年の話題作、 A TRIBE CALLED QUESTのアルバム『We Got It from Here... Thank You 4 Your Service』に参加し、ATCQのパフォーマンスDJとして2017年グラミー賞授賞式でもステージに上がった"GRANDMASTER" DJ SCRAT...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。