Chuck DがKanye Westに対し「お前は6ix9ineとつるむには歳をとりすぎている」と諌める

Kanye Westと6ix9ine、そしてNicki Minajの三人は以前よりコラボ曲を作っていることが伝えられており、MVをビバリーヒルズにて撮影していた。そんな中、先週木曜日にKanyeら三人が撮影を行なっていた家の付近で彼らを狙ったと見られる銃撃事件が発生。それを受けて、Public EnemyのリーダーChuck Dがコメントを発表している。

Chuck Dは、TMZの取材に対して「Kanyeは6ix9ineとつるむには年寄りだ」と発言。「どうして年寄りが若い奴と遊ばなきゃいけないんだ?若い奴を助けたいんだとしても、放っておけ」と語る彼は、そもそもKanyeの世代が6ix9ineの世代とつるむこと自体を疑問視しているようだ。「もしもお前が歳を取っていて、若い者を導くことが出来なかったり、知恵を持っていないのならば彼らと関わるな。若い奴の責任じゃない」という言葉からは、Kanyeは6ix9ineのような存在を良い方向に導くことは出来ず、更に行動をエスカレートさせてしまうはずだというChuck Dの考えが窺える。

Lil Pumpとのコラボチューン“I Love It”に続いて若い世代のラッパーとの交流を深めようとしているKanyeだが、近頃の彼の言動を見る限り6ix9ineと仲良くすることは双方にとって悪影響にしかならないような気もする。いずれにせよ、銃撃によって負傷者が出なかったのは何よりな事だ。

RELATED

6ix9ineの弁護士が司法取引を断固拒否

銃撃事件などに関わったとして逮捕され、最長で終身刑の可能性も示唆されている6ix9ineだが、弁護士のLance Lazzaroは断固として彼の無実を主張している。彼は「司法取引など論外だ」とTMZに話している。

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

故XXXTentacionの新作『Skins』に参加したKanye Westが、彼のDV疑惑を曲中で擁護していることが判明

Kanye Westの現在製作中だという最新作『Yandhi』に故XXXTentacionが参加していることは以前より伝えられていた。そんな中、今回XXXTentacionの死後初めて発表されるアルバム『Skins』にもKanye Westとのコラボ曲が収録されることが明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。