Travis Scottが観覧車型のセットに乗って回転しながらライヴを行う

名実ともに今年を代表するアルバムとなった『ASTROWORLD』をリリースして以来、その勢いを止めることなく活動を続けるTravis Scott。彼は現在『ASTROWORLD』の遊園地をモチーフにしたアートワークに因んで遊園地を思わせるようなステージングのツアーを行なっているが、そんな中でなんとステージに観覧車を登場させてしまった。

先週金曜日、11月9日にボルチモアにて行われたTravis Scottのライブでは、宙に浮いたようなステージの上に巨大な観覧車のようなセットが設置されていた。そこにはジェットコースターのような座席が付いており、ちょうどジェットコースターの360度回転する部分のみを取り出したような仕掛けである。なんとTravis Scottはライブ中にその座席に座り、縦に回転しながらパフォーマンスを行なっている。

まさかの縦回転に観客は大盛り上がり。Travis Scottも絶好調といった様子で歌っているが、頭に血はのぼらないのだろうか。このアトラクションにはTravis本人だけでなく観客も乗ることが出来たようで、特別な位置からライブを鑑賞出来る。乗ることが出来たファンにとっては一生の思い出になりそうだ。

以前も巨大な鳥型の舞台装置に乗ってパフォーマンスをするなど、Travis Scottのライブは奇抜なステージングに定評がある。もはやシュールな域に入っているようにも見えるこのセットで観客がぶち上がるのは、彼のスター性と力量があってこそなのだろう。

そんなTravis Scottは現在「Astroworld Music Festival」というイベントの開催を予定している。今回のボルチモアでの公演以上の規模のステージになりそうだが、そこでのライブにも観覧車は登場するのだろうか?

RELATED

Travis Scottによる遊園地が地元ヒューストンに建設予定か

昨年を代表するアルバムの1つ『AstroWorld』を発表してからというもの、スーパーボウルハーフタイムショーに出演するなど現代を代表するラッパーとしての地位をますます確固たるものにしつつあるTravis Scott。そんな彼は今、そのアルバムを引っさげたAstroWorld Tourの真っ最中なのだが、以前には観覧車をステージに登場させるなどアルバムのジャケットにもある遊園地をモチーフにしたような演出が話題を呼んでいた。そして、今回本当にTravisによる遊園地が実現してしまうかもしれない。

Travis Scottのライブが延期になったことを受け彼のファンが会場で暴走

今年のグラミー賞において、自身の最新アルバム『AstroWorld』が最優秀ラップアルバム部門にノミネートされたものの惜しくも受賞を逃したTravis Scott。そんな彼は現在、その最新アルバムを引っさげた『AstroWorld Tour』の真っ最中なのだが、今週月曜日の夜に行われる予定だったライブを彼が延期にしたことでファン達が暴走してしまったようだ。

A$AP Rockyがグラミー賞のプレパーティでTravis Scottに間違えられる

A$AP RockyとTravis Scottといえば、現在のシーンを代表するスタイリッシュなラッパーである。何かと比較されることも多い二人だが、今回のグラミー賞のプレパーティでA$AP RockyがTravis Scottと間違えられる珍事が発生してしまったようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。