Travis Scottが観覧車型のセットに乗って回転しながらライヴを行う

名実ともに今年を代表するアルバムとなった『ASTROWORLD』をリリースして以来、その勢いを止めることなく活動を続けるTravis Scott。彼は現在『ASTROWORLD』の遊園地をモチーフにしたアートワークに因んで遊園地を思わせるようなステージングのツアーを行なっているが、そんな中でなんとステージに観覧車を登場させてしまった。

先週金曜日、11月9日にボルチモアにて行われたTravis Scottのライブでは、宙に浮いたようなステージの上に巨大な観覧車のようなセットが設置されていた。そこにはジェットコースターのような座席が付いており、ちょうどジェットコースターの360度回転する部分のみを取り出したような仕掛けである。なんとTravis Scottはライブ中にその座席に座り、縦に回転しながらパフォーマンスを行なっている。

まさかの縦回転に観客は大盛り上がり。Travis Scottも絶好調といった様子で歌っているが、頭に血はのぼらないのだろうか。このアトラクションにはTravis本人だけでなく観客も乗ることが出来たようで、特別な位置からライブを鑑賞出来る。乗ることが出来たファンにとっては一生の思い出になりそうだ。

以前も巨大な鳥型の舞台装置に乗ってパフォーマンスをするなど、Travis Scottのライブは奇抜なステージングに定評がある。もはやシュールな域に入っているようにも見えるこのセットで観客がぶち上がるのは、彼のスター性と力量があってこそなのだろう。

そんなTravis Scottは現在「Astroworld Music Festival」というイベントの開催を予定している。今回のボルチモアでの公演以上の規模のステージになりそうだが、そこでのライブにも観覧車は登場するのだろうか?

RELATED

今週のアルバムチャートの1位がTravis Scottの『Astroworld』ではなく6ix9ineの『DUMMY BOY』だったことが明らかに

先日、ニューアルバム『DUMMY BOY』を無事リリースした6ix9ine。現在、勾留中の彼にとってはいわゆる曰く付きのアルバムとなったわけだが、最新のビルボードアルバムチャートでは初登場1位を獲得すると見られていた。

Travis Scottの“Sicko Mode”が全米シングルチャートで1位に | Travisにとって初の快挙

今週月曜日、Travis Scottの“Sicko Mode”が全米シングルチャートで1位を獲得した。シングルで1位を記録したのはTravis Scottのキャリアで初めての快挙となる。

ジョナ・ヒルがTravis Scottの『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛し、Kanye Westについても語る

90年代のヒップホップカルチャーを題材にとった自伝的映画『Mid 90s』が現在アメリカで公開中の俳優ジョナ・ヒルがGQの“Men of The Year”インタビューに登場。完成した映画やヒップホップなど様々なトピックについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。