Vince Staplesが「俺は意地悪だからデートが上手くいかない」と明かす

先日待望のニューアルバム『FM!』をリリースしたVince Staples。自分のアンチに引退のための資金を募るなどシニカルな性格と独特な価値観を持っていることで知られている彼が、女性とデートする際に問題が起こりやすいという個人的な問題について語った。

Big Boyによるインタビュー番組『BIG BOY TV』に登場したVince Staplesは、「女性とデートしたりするの?」と尋ねられ「ああ。でも上手く行かないんだ。なぜなら俺は意地悪だから」と発言。司会のBig Boyに「じゃあ、『私最近太った?』って言われたら『ああ、太ったね』って言うのか?」と聞かれ、「いや、『なんでそんな馬鹿なことを聞くんだ?』って答える。『太ったように見えるなら太ってるんだろうし、それでいいだろ。自分で自分のことが嫌いなら、どうしてそこに俺を巻き込むんだ?俺を、お前の自己肯定感を上げるために使うな』って」と、女性に対して正直に自分の気持ちを話しすぎることを明かした。「それで彼女が怒ったらどうするんだ?」という質問に対しては、「声のトーンを変えて、『俺は君を誇りに思うよ』って言う」とのこと。お世辞にも模範的な回答とは言えない。「女性とのデートが別に俺の全てじゃないんだ。嘘もつけないからな。別に彼女が俺のことを殴る訳じゃないんだから、正直に言ってもいいだろ?」と語る彼とデートをする女性はさぞ大変なことだろう。

その正直な性格がVince Staplesのラップを形作っているのかもしれないが、女性に対してはもう少し気を遣って優しく接した方が身のためかもしれない。インタビューの全編はこちらから。

RELATED

Vince Staplesが人々に「もっと自分に自信を持ってほしい」と呼びかける

現在のヒップホップシーン随一の変わり者であるVince Staples。「音楽を聴くのが嫌い」などインタビューに応える度に意表をつく発言を連発し世間を賑わす彼が、思わぬ思いやりを見せている。

Vince Staplesが「音楽を聴くのが嫌いだ」と語る

現代のヒップホップシーン随一のひねくれ者であるVince Staplesが、またしても独特な考えを披露した。今回、GQのインタビューに登場した彼は1人のアーティストであるにもかかわらず「音楽を聴くのが嫌いだ」と語ったのである。

GQの「クリーンなアーティスト特集」に登場したVince Staplesが自分の他にラッパーが出ていないことを疑問視

ドラッグを完全に断ったと告白したA$AP Rockyや「リーンをやめた」と発言したFutureなど、ラッパーの間でドラッグの使用をやめる動きが活発化している。そんな中かねてよりストレートエッジを貫いていることで知られているVince StaplesがGQの「クリーンなアーティスト特集」に登場するも、そこで取り上げられたアーティストのセレクトに異議を唱えている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。