Kris WuのアメリカのiTunesでのセールスが不正に操作された疑いでデータ会社が調査に乗り出す

EXOの元メンバーであり、現在はKris Wu名義で活動を行っている中国人シンガーのウー・イーファン。

以前リリースした“Deserve”ではTravis Scottをフィーチャリングに迎え、見事アメリカのiTunesで1位を獲得した。

そして、先週の金曜日には待望のソロデビューアルバム『Antares』をリリース。“Deserve”からの勢いそのままに、Ariana Grandeの新曲“Thank you,Next”を除いて、米iTunesチャートのトップ10を独占し、チャートを席巻していると大きな話題になっていた。

しかし、ここに来てある疑惑が浮上した。中国のファン達がチャートを不正に操作し、Krisの楽曲をランキング上位に送り込んだというのだ。以前にも、BTSがK-Popのアルバムで初めて全米チャート1位を獲得した際に、BTSのアメリカのファングループが同じような操作を行い、問題視されていた。

Varietyによると、関係者の1人は、Krisのセールスに「詐欺性がある」とし、米チャートにデータを提供しているNielsenとBillboardに対し、「(Krisの楽曲の)セールスの数字を抑えるべき」だと主張。そして、「アメリカのチャートシステムを利用して、新たな聴衆を動かすことによりチャートの順位を引き上げている」と疑いの目を向けている。

その疑いの目を向ける理由の1つが、『Antares』が中国でリリースされた途端に、Krisの楽曲の米チャートでの順位が一気に90位付近に下がったことだ。実は、『Antares』はアメリカでは11月2日にリリースされたが、中国ではその4日後、Krisの誕生日である11月6日にリリースされていた。この4日の間に、中国の彼のファン達がVPNを利用してUSチャートの順位を上げたのではないかと疑われているのだ。

一方、唯一Kris以外の楽曲でトップ10にランクインしていたAriana GrandeのマネージャーScooter Braunはこの件を受け、Instagramを更新し、自身の意見を述べた。

Over the past few days I have become aware of an artist named @kriswu. Last night we had an opportunity to connect and talk and show respect. We learned of eachother since many rumors have come out about both us in connection to his newest release. Kris is a great artist who on a global scale is a star. It was explained to he and I last night that because his release was held back in China for his birthday his fans went and got the music any way they could and that was US Itunes. Once the release in China took place the fans had their access. He has never been removed from the charts on iTunes. That is false. Those were real people from the US and international community and not bots like many have rumored. I have never wished anything bad for Kris nor any other artist and those saying otherwise are wrong. Any fans of anyone I manage who are using this opportunity to spread any sort of division or racism are dead wrong and I won’t stand for it. The music community is international and no longer held by borders. Kris happy birthday and you showed yourself to be a global star. Glad we got to connect and speak and keep your head held high. This is just the first of many achievements for you. And for those using my name for false rumors now you know exactly where I stand. Keep it positive.

Scooter Braunさん(@scooterbraun)がシェアした投稿 -

BraunはKrisと話す機会があったらしく、この不可解な順位の変動について、「彼の中国のファン達がリリースまで待ちきれず、どんな方法でも彼のアルバムを手に入れたいと思った。その結果がアメリカのiTunesを使うことだったんだ」と事実を明かしている。そして、Krisに対し、「誕生日おめでとう。君は世界的なスターであることを世に示したんだ。前向きに行こう。」とエールを送った。

この件に関し、NielsenはBillboard
「BillboardとNielsen Musicは、今週のKris Wuの楽曲のセールスの正確性、正当性を保証するために密に連携を取り合い、分析しています」と声明を発表している。
この問題はストリーミングセールスが主流となった昨今の音楽シーンだからこそ生まれたものだが、ファン達は自分たちが応援しているアーティストの名誉も損ないかねないという考えを頭に入れておかなければならないだろう。

RELATED

アメリカでレコードの売上がフィジカル音源売上の3分の1を占める

近年のレコードブームの再来により、2017年にはアメリカでのレコードの総売上枚数が1991年以来最高を記録した。そして、昨年もその勢いは続いているようだ。

2018年のアメリカにおけるライブ音楽ビジネスに関する調査が発表|アメリカ人の半数以上が何らかの音楽イベントに参加

昨日、データ分析会社のNielsenが2018年におけるアメリカのライブ音楽ビジネスの分析結果を公開した。

EUや日本で相次いで著作権法が改正 | DJやYouTubeチャンネルが影響を受ける可能性も

EUの議会にて今年の9月に可決、承認された「著作権新指令案」。現行の著作権法をさらに強化したこの法案は世界中で議論の対象となっているが、これについてYouTube音楽部門の責任者であるLyor CohenがBillboardのインタビューにて警鐘を鳴らしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。