kiLLaのKEPHAがRed Bull Music Studios Tokyoでのスタジオライヴムービーを公開

kiLLaのKEPHAによるソロEP『T O K Y O I T E : I』が、水曜日にリリースされた。

この作品には2017年にYDIZZYをフィーチャーしてリリースされた"LOUDER"のソロバージョン、スムースでセンチメンタルな"IDWD"、力強いメッセージを放つ"LONG WAY"など7曲を収録している。

関西を代表するプロデューサーNOAHが、エグゼクティブ・プロデューサーを務めた本作のリリースに合わせて、レコーディングも行ったRed Bull Music Studios Tokyoでのスタジオライヴムービーが公開された。

"LOUDER"と"IDWD"の2曲を繊細なボーカルで歌い上げているKEPHAの姿をチェックしてほしい。

Info

KEPHA 1st Digital EP “T O K Y O I T E : I”(トウキョウアイト:ワン) 2018.11.7 Release
1. INTRO
2. IDWD (アイ ドント ワナ ダイ)
3. LOUDER (ラウダー)
4. IDK (アイ ディー ケー)

 

5. LONG WAY (ロング ウェイ)
6. HAHA (ハッハッ)
7. TOKYO CRUISING (トウキョウ クルージン)
Executive Producer: NOAH | Artwork: K Kawasaki (KEIth graph) | Label : kiLLa / bpm tokyo

iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/id1439163003?app=itunes&ls=1 Apple Music:https://itunes.apple.com/jp/album/id1439163003?app=apple&ls=1 Spotify:https://open.spotify.com/album/1nQwoKLAIcHqK75KbW1tlk ※他、各サービスにて配信中

RELATED

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。