Cole Bennettが「SoundCloudラップはもう終わっている」と語る

Lil SkiesやSki Mask The Slump God、Lil XanそしてJuice WRLDなど数多くのラッパーを今のシーンに送り込んでいるメディアLyrical Lemonade。そのトップであり、前述のラッパー達のMVのディレクターを務めているのがCole Bennettだ。

そんな彼が今回、Complexのインタビューに登場。SoundCloudラップについて語った。

Coleは「俺はSoundCloudラップは実質的にもう終わっていると思う」と語り、続けて「ここ数年間で、実際に人気が出たラッパーにラベルを貼りたいのでない限り、今人気のラッパーのことを俺はSoundCloudラッパーだとは思わない。俺が思うにApple MusicやSpotifyによって、音楽を聴くのが簡単になったからSoundCloudの毎日の使用頻度が少なくなってる。今は誰でもそれが出来るから、多くの人がそのルートを辿るせいで、SoundCloudがスキップされてるんだと思う。ラッパー達は音源をSoundCloudにアップロードするけど、これまでと比べてそれほど重要ではないんだ。そのことを俺はとても大事なことだと思ったんだ。なぜならSpotifyやApple Musicだと何人かの若いアーティストにアクセス出来ないと思ったからね。」とSoundCloudラップの現状について述べた。

確かにSoundCloudのようなストリーミングサービスはインディーアーティスト達にとって大きな助けとなるものだが、最近だとSpotifyがインディーのアーティストを支援するサービスをローンチするなど攻勢を強めている。

今日の音楽シーンにおいてはSoundCloudラップはいまだ人気を博しているが、実際、SoundCloud上に音源をアップロードしたから流行ったというよりは、現在シーンにいるアーティストが音源をアップしたのがたまたまSoundCloudだっただけなのだ。
Spotifyなどがインディーアーティストをサポートする姿勢を見せている今の状況を鑑みると、今後SoundCloudラップというジャンルが無くなっても不思議はない。

今後、若いアーティスト達がどのような動きを見せていくのか注目だ。

RELATED

Cole Bennett | ビデオグラファー、ブロガー、イベンターとして多角的に若手ラッパーをフックアップする21歳

現在ヒップホップシーンでは多くの若者が活躍している。今年台頭したLil PumpやSmokepurpp、Famous Dexらは多くの楽曲を制作、同時に多くのミュージックビデオを世に送り出してきた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。