食品まつり a.k.a foodmanがNYのレーベルPalto FlatsからEP『Moriyama』をリリースへ

名古屋を拠点に活動するプロデューサーの食品まつり a.k.a foodmanが、9月のアルバムリリースに続き、11月に早くもEP『Moriyama』をリリースするとアナウンスした。

自身の拠点となる地名を冠した新作は、先行公開された"Mizuburo"など5曲を収録。

実験性と遊び心溢れるサウンド選びは相変わらずながら、よりディープでリズミックなビートに心地よいシンセパッドが入り混じりアンビエントサウンドとグルーヴが強調された作品になっている。

今作は、高田みどりやマライア、清水靖晃など、現在欧米を中心に大きく再評価され注目を浴びている日本人アーティストの作品を多数リイシューしてきたNYのレーベルPalto Flatsからリリース、日本産のエレクトロニックミュージックに注目が集まる中、食品まつりは今年に入って3度目となる米国公演も決定するなど、食品まつりの活動に熱い視線が注がれている。

国内では、アルバムをリリースしたばかりのTOYOMUとの共同イベントを12月22日に東京・恵比寿のKATA & Time Out Caféで開催、また11月30日・12月1日に開催される京都の都市型フェス『MAZEUM』にも出演が決定している。

Info

Moriyama
by食品まつり a.k.a foodman
フォーマット:アナログEP、デジタル
発売日:2018年11月16日(米国先行発売)、2018年11月23日(欧州ほか、デジタル)
※アナログEPの日本国内発売は後日発表

<トラックリスト>
Side A:
1. Mizuburo
2. Kishimen
Side B:
3. Nanika
4. Soudesu
5. Tokai Desu

食品まつりとTOYOMUの爆裂大忘年祭

出演:食品まつり a.k.a foodman / TOYOMU  and more!(※追加出演者は追ってご案内します。)

日程:2018年12月22日(土)
会場:KATA / Time Out Café & Diner(両会場共に恵比寿リキッドルーム2F)
時間:OPEN / START  18:00

料金:前売¥2,500 (ドリンク代別)/ 当日¥3,000(ドリンク代別)
チケット購入はこちらから:https://daibonensai.stores.jp/

お問い合わせ:Traffic Inc. / 050-5510-3003 / https://bit.ly/2J4fTSi / web@trafficjpn.com
主催・企画制作:Hostess Entertainment / Traffic Inc.

RELATED

NTsKiがニューシングル『1992』を7インチシングルでリリース | 食品まつり a.k.a Foodmanによるリミックスも収録

シングル"Labyrinth of Summer〜真夏のラビリンス〜"を10月末に発表したばかりのNTsKiが、ニューシングル『1992』を7インチで来年1月にリリースする。

京都の寺やライヴハウスなど6会場を使用して開催される『MAZEUM』の全プログラムが解禁 | BIMや食品まつり、DJ NOBU、KILLER-BONGなどが出演

11/30(金)と12/1(土)に京都の3つの寺を含む6会場で開催されるサーキットフェス『MAZEUM』が開催、本日全プログラムと予告映像が公開となった。

【特集 Red Bull Music Festival Tokyo】『LOST IN KARAOKE』出演者のカラオケの持ち歌

Red Bull Music Festival Tokyoの一環としてカラオケボックスのビルをまるっと借り切ったライブストリーミング配信イベント『LOST IN KARAOKE』が、2018年10月2日(火)19時にカラオケ館西武新宿駅前店から配信される。プライベートに限りなく近い空間で、新気鋭のアーティストを中心にしたラインナップによる、普段よりも親密なパフォーマンスがネット越しに見られるはずだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。