Vince Staplesがニューアルバム『FM!』をリリース | カバーアートを手がけたVERDYがきっかけを明かす

その幅広い音楽性と、癖のあるキャラクターで独自のポジションを築いているVince Staplesが本日新作『FM!』をリリースした。

11曲で22分の本作のカバーアートを手がけたのは、「Girls Don't Cry」や「Wasted Youth」などのプロジェクトで国内外で高い人気をほこるVERDYだ。

Vince Staplesとの出会いのきっかけについて「友人の紹介でLAで会った際に、Vinceのデザインに対する気持ちを聞いた」とVERDYは明かす。VinceはVERDYに対して、40ドルのライヴチケットを買い、適当なデザインの60ドルのフーディをファンに購入させることで利益を生んでいるシステムに納得がいっていないという自分の思いを打ち明けたという。

Vinceは自身がキッズの頃にBAPEのフーディを買った体験が忘れられないと語り、自身のライヴに来るファンにはライヴと共にいいデザインのグッズを購入し、忘れないような体験にしてもらいたいという理由でVERDYに対しオファーを行った。

その後VinceとVERDYは日本でもミーティングを行うなど、年始から何度もやり取りを重ね、アルバムカバーとTシャツ3種類とフーディを完成させた。

@vincestaples x @verdy FM! Merch

@ unsolicitedmagがシェアした投稿 -

「いいものを一緒に妥協せずに作りたい」という気持ちを共有して進行していった、この2人のコラボワークは、今週末にLAで開催されるComplex ConのVince Staplesのブースでいち早く見ることができる。

VERDYはVince Staplesとのブースに加え自身のプロジェクト「Wasted Youth」とBabylon、Bounty Hunterとのコラボブースも出展する。

Wasted Youth x Babylon x Bounty Hunter this weekend at Complexcon #wastedyouth_tyo #complexcon

verdyさん(@verdy)がシェアした投稿 -

RELATED

Vince Staplesが人々に「もっと自分に自信を持ってほしい」と呼びかける

現在のヒップホップシーン随一の変わり者であるVince Staples。「音楽を聴くのが嫌い」などインタビューに応える度に意表をつく発言を連発し世間を賑わす彼が、思わぬ思いやりを見せている。

Vince Staplesが「音楽を聴くのが嫌いだ」と語る

現代のヒップホップシーン随一のひねくれ者であるVince Staplesが、またしても独特な考えを披露した。今回、GQのインタビューに登場した彼は1人のアーティストであるにもかかわらず「音楽を聴くのが嫌いだ」と語ったのである。

GQの「クリーンなアーティスト特集」に登場したVince Staplesが自分の他にラッパーが出ていないことを疑問視

ドラッグを完全に断ったと告白したA$AP Rockyや「リーンをやめた」と発言したFutureなど、ラッパーの間でドラッグの使用をやめる動きが活発化している。そんな中かねてよりストレートエッジを貫いていることで知られているVince StaplesがGQの「クリーンなアーティスト特集」に登場するも、そこで取り上げられたアーティストのセレクトに異議を唱えている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。