FutureがJuice WRLDが自身の影響でリーンを飲んだと知って謝罪する

先日リリースされたFutureとJuice WRLDの二人によるアルバム『WRLD ON DRUGS』。わずか5日間でレコーディングされたことでも話題となっている同作だが、レコーディングの最中にJuice WRLDが何気なく発した言葉がFutureを深く反省させたという。

Vultureで公開されているインタビューにて、Juice WRLDはレコーディングの初日に「あなたの曲を聴いて初めてリーンを飲もうと思ったんです」と告白したことを明かしている。「最初にそのことを話したんだ。するとFutureは“うわぁ”とだけ言って、反省してるみたいだった」という言葉から、Juice WRLDを自身の影響で間違った方向に導いてしまったことにFutureはショックを受けたらしい。

代表曲“Mask Off”をはじめドラッグをテーマにした曲を非常に多く作っているFutureだが、自身の影響で若者がドラッグを始めることについて責任を感じているのは意外だ。

しかし、Juice WRLDはその後リーンなどのドラッグを続けることはなく健康的なライフスタイルに移行したとのこと。「自分自身について気づいたことがあったんだよ。ドラッグが人生にどんな影響を与えるか分かったんだ。それで、距離を置こうと思った」と語る彼は、ドラッグが自身に与える影響を冷静に判断して止めることを選択出来るクレバーさを持っていることが分かる。

人々が好きなアーティストの歌詞や言動に影響を受けて間違った道に進んでしまうことは珍しくないが、Juice WRLDのように一度冷静に考えてみることも必要なのかもしれない。

RELATED

Futureがリーンをやめたことを「誰にも話したくない」と語る

ラッパーにとってリーンをやめることは難しい。Playboi Cartiが「SNSでリーンをやめたと宣言することはダサい」と発言していたように、一度リーンを辞めたと公表しても時間が経つとまたリーンに走ってしまうラッパーも少なくない。そんな中、最新作『The WZRD』のリリースを控えており、リーンをテーマにした楽曲を数多く作ってきたFutureがリーンをやめることについて語っている。

Juice WRLDの“Lean Wit Me”が自身の楽曲を剽窃しているとして十代のアーティストが訴訟を起こす

以前は大ヒット曲“Lucid Dreams”のサンプル使用料を巡る争いに巻き込まれていたJuice WRLDが、またしても新たな訴訟問題を抱えているようだ。

Futureが「2018年は疲れて活動の勢いが落ちた」と明かす

Zaytovenとのアルバム『Beast Mode 2』やJuice WRLDとの『WRLD ON DRUGS』などの作品をリリースし、昨年もさすがの存在感を発揮し続けたFuture。しかし本人にとって2018年は「今までよりも静かな年」だったそうで、活動の勢いが落ちてしまった理由を語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。