Kanye Westが自身のこれまでの言動を反省し政治と距離を取ると宣言

Kanye Westが混乱状態から脱したかもしれない。先日のホワイトハウスへの訪問など、度々物議を醸す言動や行動を繰り返してきた彼だが、昨日、削除していたTwitterに復活。政治と距離を取ることを宣言した。

「俺の目は今しっかり開いているし、俺は今自分がこれまで信じられないようなメッセージを発信してきたことに気がついた。俺は自分自身を政治から離すことにした。そしてクリエイティブになることに全静力を注ぐよ」と今までの言動を反省しているようだ。

そして昨日、FNMNLでも取り上げたBlexitのグッズのデザインに関わったことに関しての弁解もしている。

「俺はCandeceにあのロゴを作った人を紹介したんだけど、彼らは自分たちの名前を使いたくなかったんだ。だから彼女は俺の名前を使ったんだ。俺はBlexitと関わるつもりなんてなかった。俺はあれとは関係ない」と自身の名前が使われるとは思っていなかったことを明かした。

その他にもKanyeは銃規制や労働環境に関してサポートしていく姿勢をみせている。

ニューアルバム『YANDHI』のリリースも待たれるKanyeのこのツイート達をみて、安心したファンも多いのではないだろうか。失った信頼を取り戻すのは容易なことではないが、どのような形で信頼回復を行っていくのだろうか。

RELATED

Kanye WestがアーティストJames Turrellに10億円の寄付を行うと発表

光をテーマとしたインスタレーションで世界的に知られているアメリカのアーティストJames Turrellに、Kanye Westが多額の寄付を申し出たことが話題となっている。

Kanye WestがCoachellaの会場に巨大なドームの建設を要求しヘッドライナーを外される

先日発表されたアメリカ最大級の音楽フェスCoachellaのラインナップ。ヘッドライナーにはChildish Gambino、Tame Impala、Ariana Grandeの三人が発表されているが、当初ヘッドライナーにはKanye Westが予定されていた。今回、Coachallaの共同創設者であるPaul TollettがKanye Westの降板の理由を明かしている。

Kanye Westが年始にまたもやトランプ支持を表明│2024年の大統領選に出馬する意志を改めて示す

昨年の10月には「政治から距離を取る」と宣言したKanye Westだったが、どうやらその決意も長くは続かなかったらしい。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。