Juice WRLDが「俺はラッパーとしてだけでなくミュージシャンとしてリスペクトされるようになる」と語る

先日Futureとのコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしたことも話題となっているJuice WRLD。“Lucid Dreams”や“All Girls Are The Same”など、エモーショナルなリリックをメロディアスに歌い上げるスタイルの楽曲でブレイクしたラッパーだが、同時に様々なビートの上で一時間フリースタイルを続けられる程のスキルを持つことも知られている。そんなハイブリッドな才能を持つJuice WRLDが、Billboardのインタビューにてアーティストとしてどのような道を歩んで行きたいかを語っている。

 

彼は自身の持つ音楽的な才能について「俺は沢山の違ったことが出来るから、ラッパーとしてだけでなくミュージシャンとしてもっとリスペクトされるようになるだろう」と、今後はメロディーメイカーとしての部分がもっと評価されるようになるという予想を立てている。確かに、現在のシーンの中で最もキャッチーなメロディーを作ることが出来るラッパーはJuice WRLDだろう。しかし、それでいて同時に高いラップスキルを持つためピュアなラッパーとしての評価も高いのが彼の特筆すべき点だ。

 

先日には同じくシカゴ出身のG HerboがJuice WRLDを「新たなMichael Jackson」と評したことも話題となっていたが、ラッパーがアメリカの音楽シーンを席巻しつつある現在、Juice WRLDがその幅広い音楽的才能によってMichael Jacksonのような評価を受けることも有り得ない話ではないのかもしれない。

RELATED

FutureがJuice WRLDが自身の影響でリーンを飲んだと知って謝罪する

先日リリースされたFutureとJuice WRLDの二人によるアルバム『WRLD ON DRUGS』。わずか5日間でレコーディングされたことでも話題となっている同作だが、レコーディングの最中にJuice WRLDが何気なく発した言葉がFutureを深く反省させたという。

Juice WRLDの日本初ライヴが今月開催 | JP THE WAVYやYo-Seaなども出演

大ヒットとなっている"Lucid Dreams"や"All The Girl Was Same"など、メロディックでポップなテイストもあるサウンドで、最注目のラッパーJuice WRLDが、ウェブメディアHIP HOP DNAの主催イベントで初来日する。

Juice WRLDのスマッシュヒット"Lucid Dreams”が最新の全米チャートで2位になる見込み

彗星のように現れ、一躍USヒップホップシーンの中心に躍り出た、アメリカはシカゴのラッパーJuice WRLD。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。