Kanye Westがアフリカン・アメリカンに対し民主党支持を止めるキャンペーンのグッズデザインを行う

改めてトランプ大統領支持を打ち出し、波紋を広げているKanye West。アフリカ訪問時にもウガンダの独裁者ムセベニ大統領を訪問するなど批判されていたが、帰国後も問題行動は止まらない。

Kanyeは右派のコメンテーターとして知られ以前から親交の深かったキャンディス・オーウェンズと共に「Blexit」キャンペーンのためのグッズを制作したのだ。「Blexit」とはEUからのイギリス脱退を指す「Brexit」をもじったもので、アフリカン・アメリカンに対し民主党支持を止めるよう促すものだ。

オーウェンズは民主党を支持することは、アフリカン・アメリカンが永久的に被害者意識を持ち続けることになってしまうと持論を展開し、「アフリカン・アメリカンは他のアメリカから取り残されたままになってしまう」と土曜日に開催された Young Black Leadership Summitで訴えた。

KanyeはロンTやTシャツ、キャップなどをデザインしたということで、これらのグッズはBlexitのオフィシャルサイトで販売中だ。

Kanyeの中での自由な思考=既成概念から自由で、他のアメリカ人とも違う方向性がこれらの思考に導かれていったものと思われるが、彼のいう自由とは独りよがりのものに過ぎないのではないだろうか。

RELATED

ジョナ・ヒルがTravis Scottの『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛し、Kanye Westについても語る

90年代のヒップホップカルチャーを題材にとった自伝的映画『Mid 90s』が現在アメリカで公開中の俳優ジョナ・ヒルがGQの“Men of The Year”インタビューに登場。完成した映画やヒップホップなど様々なトピックについて語っている。

Kanye WestとKim Kardashianが、カリフォルニアを襲った山火事から自宅と近所の人々を守るために消防士を雇う

先週発生したカリフォルニア州の山火事は、44名の犠牲者を出すなど同州で過去最悪の被害を記録した。多くのセレブが在住するマリブ地区も被害に遭ったため自宅を失ったミュージシャンや俳優も存在する中、Kanye WestとKim Kardashian夫妻が自宅と近所の人々を守るために消防士を雇っていたことが明らかになった。

6ix9ine、Nicki Minaj、Kanye WestのコラボMVの撮影費用に5500万円をつぎ込む

強盗や銃撃事件など様々なトラブルに巻き込まれがちなラッパー6ix9ineが、またもや銃撃を受けた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。