Kanye Westがアフリカン・アメリカンに対し民主党支持を止めるキャンペーンのグッズデザインを行う

改めてトランプ大統領支持を打ち出し、波紋を広げているKanye West。アフリカ訪問時にもウガンダの独裁者ムセベニ大統領を訪問するなど批判されていたが、帰国後も問題行動は止まらない。

Kanyeは右派のコメンテーターとして知られ以前から親交の深かったキャンディス・オーウェンズと共に「Blexit」キャンペーンのためのグッズを制作したのだ。「Blexit」とはEUからのイギリス脱退を指す「Brexit」をもじったもので、アフリカン・アメリカンに対し民主党支持を止めるよう促すものだ。

オーウェンズは民主党を支持することは、アフリカン・アメリカンが永久的に被害者意識を持ち続けることになってしまうと持論を展開し、「アフリカン・アメリカンは他のアメリカから取り残されたままになってしまう」と土曜日に開催された Young Black Leadership Summitで訴えた。

KanyeはロンTやTシャツ、キャップなどをデザインしたということで、これらのグッズはBlexitのオフィシャルサイトで販売中だ。

Kanyeの中での自由な思考=既成概念から自由で、他のアメリカ人とも違う方向性がこれらの思考に導かれていったものと思われるが、彼のいう自由とは独りよがりのものに過ぎないのではないだろうか。

RELATED

Kanye WestがアーティストJames Turrellに10億円の寄付を行うと発表

光をテーマとしたインスタレーションで世界的に知られているアメリカのアーティストJames Turrellに、Kanye Westが多額の寄付を申し出たことが話題となっている。

Kanye WestがCoachellaの会場に巨大なドームの建設を要求しヘッドライナーを外される

先日発表されたアメリカ最大級の音楽フェスCoachellaのラインナップ。ヘッドライナーにはChildish Gambino、Tame Impala、Ariana Grandeの三人が発表されているが、当初ヘッドライナーにはKanye Westが予定されていた。今回、Coachallaの共同創設者であるPaul TollettがKanye Westの降板の理由を明かしている。

Kanye Westが年始にまたもやトランプ支持を表明│2024年の大統領選に出馬する意志を改めて示す

昨年の10月には「政治から距離を取る」と宣言したKanye Westだったが、どうやらその決意も長くは続かなかったらしい。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。