50 Centが宿敵Ja Ruleのライヴチケットを200枚買い占め故意に空席を作る嫌がらせを行う

煽りが上手い人間が注目を集めているヒップホップシーンの中でも、最強の1人である50 Centがビーフ中のJa Ruleに対し巧妙な嫌がらせを行っている。

#50cent bought a whole bunch of #jarule tickets on Groupon

DJ Akademiksさん(@akadmiks)がシェアした投稿 -

10年以上も敵対関係が続いている2人だが、50 CentはJa Ruleのライヴのチケットが売れ残り15ドルで販売されていたのを目撃したようで、最前列から200席を買い占めたとInstagramで報告。もちろんこの200席は誰も座る予定がないもので、Ja Ruleは一番の特等席が空いているところをみながらライヴをしなければいけないという、アーティストにとってはとんでもない苦痛を味わうことになる。

Ja Ruleは先月もNYでのライヴをキャンセルする事態となっていて、その際にも50 Centは「お前のライヴなんて誰も見たくないんだよ」と攻撃していた。

This look fits you Ol ho ass nigga... @50cent 😂🤣😭

JaRuleさん(@ruleyorkcity)がシェアした投稿 -

Ja Ruleは50の攻撃に対して、彼の女装写真をSNSにアップし反撃を試みているが、どちらが優勢かは火を見るより明らかだろうか。

RELATED

50 CentがKendrick Lamarの何が特別かを語る

50 Centが製作総指揮を務めるドラマシリーズ『Power』に出演したことで大きな話題を呼んだKendrick Lamar。彼の再登場を望む声も多く寄せられている中、50 CentがKendrickの何が他のラッパーと比べ特別かを語っている。

50 Centがビットコインを保有していたことはないと主張

1月に50 Centが2014年にリリースしたアルバム『Animal Ambition』をビットコインで購入可能にしており、その報酬で50 Centは700万ドル以上の儲けを得ていたことを伝えたが、50 Cent自身がその話を否定した。

50 Centが最新アルバムをビットコインで購入可能にしていたことで大儲け

昨年初め、自己破産を申告した50Cent。それが今では仮想通貨によって何百万ものアルバム収益を得たという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。