『Richardson』の20周年記念号がbonjour records限定でカプセルコレクションと共に発売

セックスとセクシュアリティに重点を置いた雑誌『Richardson』が1998年の創刊から20周年を迎え、Kim Kardashianが表紙になった創刊20周年記念号A9を10/27(土)に発売する。

スティーブン・クラインが撮り下ろしたストーリーは、偶然にも今年公開から20周年を迎える今敏監督の日本のアニメ映画、「パーフェクト・ブルー」からインスパイアされたコンセプトでKimを捉えている。

収録されているインタビューでKimは、アメリカの作家、脚本家のブレット・イーストン・エリスに対し近年の彼女の公的および私的な変容と、同時に性的な女神と母親としての2つの顔をもつ自身について赤裸々に語っている。

「Richardson A1発売から20年経ちました。1号目でグレン・ルッチフォードとマイアミのローリーホテルのロビーでジェナ・ジェイムソンを緊張しながら待った時から、多くの変化がありました」と創立者であるアンドリュー・リチャードソンは語っている。A9では他に、ジョーダン・ウルフソン、ダージャ・バジャジック、デニス・クーパー、沢渡朔、スーズ・ランドール、アリッサ・ベネット、 ローレン・アリス・アヴェリーなどが参加している。

『Richardson』のA9号は、2018年10月27日(土)より、国内では代官山のbonjour Records限定で発売、ジャマイカのポストカード4枚とスーズ・ランドールの別冊がついたスペシャルエディションは¥5,990(税抜き)となる。

またTシャツやフーディクルーネックスウェットシャツ、マグカップなどのカプセルコレクションも発売される。

Info

Richardson POP-UP SHOP
2018.10.27 (Sat) -11.25(Sun) @ bonjor records DAIKANYAMA
11:00-20:00  渋谷区猿楽町24-1  TEL 03-5458-6020

www.bonjour.jp

RELATED

Kanye WestとKim Kardashianが、カリフォルニアを襲った山火事から自宅と近所の人々を守るために消防士を雇う

先週発生したカリフォルニア州の山火事は、44名の犠牲者を出すなど同州で過去最悪の被害を記録した。多くのセレブが在住するマリブ地区も被害に遭ったため自宅を失ったミュージシャンや俳優も存在する中、Kanye WestとKim Kardashian夫妻が自宅と近所の人々を守るために消防士を雇っていたことが明らかになった。

STUDIO VOICEがアジアから生まれる音楽の現在を伝える特集号を刊行

9/20(木)にSTUDIO VOICEの最新号が発売となる。今号では「Flood of Sounds from Asia いまアジアから生まれる音楽」と題して、アジア圏で生みだされている現在進行形の音楽について、その現場をさまざまな角度からルポルタージュする。

OffsetがKanye WestではなくKim Kardashianを大統領に推薦

かねてからアメリカ大統領になるという野望を抱き続けているKanye West。2024年の大統領選に新党「The Birthday Party」として立候補するプランを立てているというKanyeだが、彼ではなくその妻のKim Kardashianを次期大統領に推薦する声が上がっている。そう主張しているのは、なんとMigosのOffsetだ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。