Post Maloneが「もはやジャンルは存在しない」と語る

ヒップホップ、トラップやオルタナティブロックなど様々なジャンルが融合したようなスタイルで確固たる人気を築いているPost Malone。大ヒットアルバム『beerbongs & bentleys』がグラミー賞2019のラップアルバム部門の候補から外れたように彼の音楽のジャンル分けはしばしば議論の対象になるが、そんな彼が「音楽ジャンル」という物に対する持論をHITS Daily Doubleのインタビューにて語っている。

Post Maloneは「俺は、メタルもカントリーもヒップホップもファンクもR&Bも全て好きだ。俺が好きじゃないのは枠で、人を枠に当てはめたりすることはしない。もうジャンルなんて物は存在しないんだ」と、特定のジャンルを意識して活動することはしないという意志を改めて示している。「音楽を聴いて気分が良くなったり悲しくなったり何かを感じたとしたら、それをカテゴライズすることになんの意味がある?」と語る彼は、あくまで音楽そのものを大切にしてそれ以外の物には囚われたくない、という考え方のようだ。

ことヒップホップは「ヒップホップかくあるべし」というような議論が交わされがちなジャンルだが、Post Maloneのように精神性といった部分を無視しあくまで一ジャンルとして捉え、好きなようにミックスするという感覚は現代のラッパーらしさを感じさせる。

これからもラッパーでありながらジャンルに囚われず自由な活動をするアーティストが主流になっていくのだろうか?

RELATED

Post Maloneのアルバム『Beerbongs & Bentleys』がグラミー賞のラップアルバム部門ではなくポップ部門にノミネートか

すでに候補の選出が始まっているグラミー賞2019。今回のグラミーは新しく改訂されたルールの下で選出が行われるということが伝えられているが、そこでPost Maloneの大ヒット作『Beerbongs & Bentleys』のジャンル分けが議論の対象となっている。

Post Maloneのプライベートジェットのタイヤがパンクし緊急着陸

今年の上半期に最も売れたアーティストであり、フジロック2018での素晴らしいライブも記憶に新しいPost Malone。

Post Maloneが東京で顔にタトゥーを入れる

「顔にタトゥーを入れるのはお母さんを怒らせるため」と発言していたPost Maloneは、日本からの帰国後もどうやらまたお母さんの逆鱗に触れてしまうようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。