AKLOとZORNによるツーマンツアーの追加公演に先駆けEVISBEATS & Kazuhiko Maedaがプロデュースした"Chill Out"のミュージックビデオを公開

11月9日(金)の福岡公演を皮切りに、大分、京都、金沢と回り、12月2日(日)の新木場スタジオコーストでの東京公演をファイナルとするAKLOとZORNによるジョイントツアー『A to Z TOUR 2018』追加公演に先駆け、ZORN名義による新曲"Chill Out feat. AKLO"のミュージックビデオが公開、明日10/26(金)には配信リリースされる。

2人のコラボ曲はミュージックビデオが200万回再生を突破し、大きな話題となっている"Walk This Way feat. AKLO"以来。ZORNの代表作"Letter"を手がけたEVISBEATS & Kazuhiko Maedaが担当した"Chill Out"は『ずっと温めていたトピックで、聴く人、シチュエーションを選ばないリラックスした休日の曲にしたい。』と制作時から語っていたZORNのイメージ通り、ジャジーでチルな一曲に。

またジャケットサムネイルはAKLOが自前のカメラとレンズで撮影した写真をそのまま使用した。

ミュージックビデオは、前作同様に映像作家・新保拓人がディレクションを担当。AKLO、ZORN、それぞれのリアルとイメージをシームレスに融合した「チルな休日」を映像化した。

尚、来週11/2(金)にはAKLO名義の新曲"COUNT ON ME feat. ZORN"のリリースとミュージックビデオの公開を予定している。

Info

ZORN - "Chill Out feat. AKLO"

http://itunes.apple.com/jp/album/id1439882675?app=itunes

2018年11月09日(金):福岡公演@BEAT STATION
開場:18:00 / 開演:19:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

2018年11月11日(日):大分公演@大分音楽館
開場:17:00 / 開演:18:00
問い合わせ先:大分音楽館 / 080-1789-1234

2018年11月17日(土):京都公演@KYOTO MUSE
開場:17:00 / 開演:18:00
問い合わせ先;サウンドクリエーター / 06-6357-4400

2018年11月24日(土):石川公演@KANAZAWA DOUBLE
開場:17:30 / 開演:18:00
問い合わせ先:DOUBLE / 076-222-8333

2018年12月02日(日):東京公演@新木場STUDIO COAST
開場:17:00 / 開演:18:00
問い合わせ先:サンライズプロモーション東京 / 0570-00-3337

ZORN Official Site
https://zorn.tokyo

AKLO Official Site
https://www.aklo.jp

RELATED

AKLO、JP THE WAVY、KLOOZ、KMのコラボ曲"SEE ME NOW"のミュージックビデオが公開

金曜日にリリースされたばかりのAKLO、JP THE WAVY、KLOOZ、KMのコラボ曲"SEE ME NOW"のミュージックビデオが公開となった。

『A to Z TOUR 2018』の追加公演を前にAKLO名義の"COUNT ON ME feat. ZORN"のミュージックビデオが公開

来週11月9日(金)福岡BEAT STATIONからスタートするAKLOとZORNによるジョイントツアー『A to Z TOUR 2018』の追加公演直前に、AKLO名義のコラボ曲"COUNT ON ME feat.ZORN"のミュージックビデオが公開となった。

大好評に終わったAKLOとZORNのジョイントツアーの追加公演が全国5都市で開催

ジョイント曲などもリリースし、賑やかに今夏開催されたAKLOとZORNによるジョイントツアー『A to Z TOUR 2018』。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。