COMFORTABLE REASONとNOROLLがそれぞれ手がけるオンラインストアによるコラボPOP UPが開催

アーティストとしても活動する100が手がけるブランド、COMFORTABLE REASON(GOOFY CREATIONから2017年より名称変更)のオンラインストアであるFICTIONAL STOREと、キャップやグローブといった小物からスタートし、近年はウェアも展開するブランドNOROLLが運営するDETOURS POSTが、コラボPOP UPを11/3(土)から学芸大学のBEACONで開催する。

両店は、自身のブランドの商品だけでなく、それぞれのデザイナーが世界を旅する中で見つけた雑貨やウェアも扱っており、今回のイベントでも、アメリカや北欧で買い付けた陶器の花瓶や間接照明、ラグなどを中心に取り揃え、オンライン上では伝えきれない、両店の世界観を表現。

また、イベント記念アイテムとして、両店共同デザインによるバンダナも販売予定だ。両ブランドのアイテムは販売される予定はないが、十二分に満喫できるものなるだろう。

初日の11/3(土)と翌4日(日)には、流しの移動式コーヒースタンド・Thursday coffee standも出店、丁寧にハンドドリップで淹れられる、こだわりの自家焙煎コーヒーも楽しめる。

Info

会期: 2018年11月3日(土)〜 2018年11月11日(日)※水曜定休
時間: 11:00 〜 20:00
場所: BEACON
〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-5-18 2階

RELATED

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。