7~9月の全米シングルチャートで10位内に入った曲の90%以上がヒップホップの影響にある曲と判明

アメリカの音楽業界の動向を調査しているサイトHit Song Deconstructedが、今年の7~9月期の、最新のトレンド傾向を発表した。

調査によれば、ヒップホップがチャートを支配する動向は変わらず、さらに強くなっているのがわかる。

昨年の同時期はトップ10の中で、ヒップホップの楽曲は35%だったのに対して、今年は71%と昨年より2倍の数字になっていて、実にこの時期を通してトップ10のうち7曲がヒップホップチューンだったというのがわかる。

この3ヶ月でナンバーワンを獲得したのは4曲で、Drakeが"In My Feelings"と"Nice For What"で2曲、Cardi BがBad BunnyとJ Balvinをフィーチャーした"I Like It"、そしてMaroon 5がCardi Bをフィーチャーした"Girls Like You"と全ての楽曲にラッパーが参加している。

前述のMaroon 5のようにポップやロックバンドにラッパーが参加したり、ヒップホップの影響下にある楽曲となると、実にチャートインした楽曲のうち93%が該当するものとなり空前のヒップホップブームは、まだまだ衰えそうにない。

ただ純粋なラップチューンではなくDrakeやPost Maloneのように、歌とラップが融合したスタイルが強いというのもデータが証明しており、ラップチューンの18%に対して、ハイブリッドなスタイルはチャートの中で54%のシェアを占めた。

他にも1曲の長さなどでのシェア率など興味深いデータが掲載されている記事はこちらから読むことができる。

RELATED

ラップ人気が高まるロシアのプーチン大統領が「ラップを政府の管理下におくべき」と発言

ヒップホップやラップミュージックは、その国の若者の文化に大きく影響をもたらす。中には暴力・ドラッグといった悪い影響ももたらすと懸念されており、国が何らかの規制をもうけるケースが少なくない。

写真でヒップホップの歴史を辿る書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行

12/21(金)に書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行となる。この本はタイトル通り、誕生から45周年を迎えたヒップホップの歴史を作ってきた写真に焦点を当て、決定的な一枚とアウトテイクを掲載しているもの。

2018年のアメリカにおけるライブ音楽ビジネスに関する調査が発表|アメリカ人の半数以上が何らかの音楽イベントに参加

昨日、データ分析会社のNielsenが2018年におけるアメリカのライブ音楽ビジネスの分析結果を公開した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。