Travis Scottの『Astroworld』から"Sicko Mode"のミュージックビデオが公開 | 国内盤も月末にリリースへ

8月にリリースされたTravis Scottのニューアルバム『Astroworld』から、Drakeをフィーチャーした"Sicko Mode"のミュージックビデオが公開された。

ビデオは、Dave Meyersが制作し、Drakeも出演。故郷である米ヒューストンで撮影され、巨大なTravis Scottのモニュメントがそびえ立つ都会の街並みを舞台に独特な色彩感と革新的な映像技術を駆使したトリッピーな世界観が印象な映像に仕上がっている。

またTravisは人気番組『Saturday Night Live』に出演、John MayerとKevin Parkerと共に2曲を披露した。

今作の国内盤が、10/31(水)に発売されることになった。国内盤には対訳や解説も収録されている。

Info

トラヴィス・スコット|Travis Scott
『アストロワールド|『Astroworld』
<国内盤CD>
2018年10月31日(水)発売
歌詞対訳付 / SICP-5801 / 2,200円+税
[トラックリスト]
01. スターゲイジング
02. カルーセル 
03. シッコ・モード 
04. R.I.P.スクリュー 
05. ストップ・トライング・トゥー・ビー・ゴッド 
06. ノー・バイスタンダーズ 
07. スケルトンズ 
08. ウェイク・アップ 
09. 5%ティント
10. NC-17 
11. アストロサンダー
12. ヨセミテ 
13. キャント・セイ 
14. フゥー?ホワット! 
15. バタフライ・エフェクト
16. ヒューストンフォーニケーション
17. コーヒー・ビーン
<輸入盤CD>
2018年10月19日(金)発売
<配信アルバム>
配信中
試聴/購入リンク:
https://SonyMusicJapan.lnk.to/ASTROWORLD
*iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です

RELATED

Travis Scottがスーパーボウルハーフタイムショーに出演する条件としてNFLにチャリティーへの参加を要求

何かと物議を醸している今年度のスーパーボウルハーフタイムショーに、Travis Scottの出演が決定している。Travis Scottの出演は昨年の12月頃にアナウンスされており、Jay-Zによって出演をキャンセルするよう説得が行われたことも話題となっていた。最終的にTravis Scottは出演に同意したようだが、その条件としてNFLに社会貢献への参加を呼びかけているようだ。

クリスマスイヴに“Sicko Mode”と“Mo Bamba”を10時間聴き続けたYouTuber

“Sicko Mode”と“Mo Bamba”といえば2曲とも2018年を代表するバンガーであり、繰り返し聴いた人も多いのではないだろうか。

2018年にアメリカのストリーミングサービス上で再生された音楽の25%がヒップホップだったことが明らかに

2018年がヒップホップにとって重要な年であったことに異論はないだろう。Drakeがストリーミングサービスでの再生回数で様々な歴史的な記録を打ち立てたことも記憶に新しいが、昨年アメリカで再生された音楽の四分の一がヒップホップであったことが調査によって明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。